Rakuten infoseek

辞書

白瀬矗【しらせのぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白瀬矗
しらせのぶ
[生]文久1(1861).6.13. 秋田
[没]1946.9.4. 愛知
日本の探検家。陸軍中尉。 1893年に千島列島の探検を行い,さらに千島列島から北極に到達することを計画したが果せなかった。その後,南極探検に転換。 1910年 11月日本を出発して南極大陸に向ったが,冬季のためオーストラリアシドニーに引返して待機。 12月1日に再出発,開南湾に到達した。その後,南緯 80°5′,西経 156°37′の地点に達し,探検家の名簿と記念の銅柱を雪中に埋め,その付近を「大和雪原」と命名した。この事業は当時の日本の画期的な壮挙として内外に知られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しらせ‐のぶ【白瀬矗】
[1861~1946]探検家。陸軍中尉。秋田の生まれ。明治45年(1912)、日本人として初めて南極大陸上陸、1月28日に南緯80度5分、西経156度37分の地点まで進んだが、南極点には達しなかった。その地点を大和雪原(やまとゆきはら)と命名。→白瀬隊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

白瀬矗 しらせ-のぶ
1861-1946 明治時代の探検家。
文久元年6月13日生まれ。陸軍軍人となり,郡司成忠の千島探検に参加して越冬を体験。日露戦争で中尉に昇進。明治43年11月開南丸で東京を出航,45年1月南極大陸に上陸,南緯80度5分の地点に到達し,同地を大和雪原(やまとゆきはら)と命名した。昭和21年9月4日死去。86歳。出羽(でわ)由利郡(秋田県)出身。著作に「南極探検」。
【格言など】武田部長は緯度の観測をとげた結果,南緯八十度五分なるを知った(「南極記」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しらせのぶ【白瀬矗】
1861‐1946(文久1‐昭和21)
明治期の極地探検家。秋田出身。仙台の第2師団に勤務中,北極探検を志し,陸軍中尉で予備役となり,1893年郡司成忠の千島探検に加わる。帰還後北極点到達をめざしたが,日露戦争で延期。さらに1909年アメリカ隊の北極点到達を知って,南極探検を計画する。10年11月29日26人の隊員とともに開南丸で東京を出発し,12年1月16日南極に上陸,南緯80゜5′地点(大和雪原と命名)まで達したが,食糧不足などから探検を断念して帰国した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しらせのぶ【白瀬矗】
1861~1946) 探検家。陸軍軍人。秋田県生まれ。1912年(明治45)開南丸(二〇四トン)で南極大陸に上陸、南緯80度5分西経156度37分(大和雪原やまとゆきはらと命名)にまで到達した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

白瀬矗
しらせのぶ
(1861―1946)
南極探検家、陸軍輜重兵(しちょうへい)中尉。秋田県に生まれる。現役中から北極探検を志し、1893年(明治26)郡司成忠(ぐんじなりただ)の千島探検に参加し、占守(シムシュ)島での越冬で寒地での生活経験と自信を得た。しかしアメリカのピアリーが1909年4月、北極点に達したのを知り、目標を南極に変更した。種々の障害を乗り越え、大隈重信(おおくましげのぶ)の後援、朝日新聞社や地元の秋田魁(さきがけ)新報社を通じて全国的な募金など国民の熱意に支えられて、郡司の報効義会が使用した機帆船第二報効丸を入手した。東郷平八郎によって開南丸(204トン)と命名された船は、1910年(明治43)11月、船長野村直吉(のむらなおきち)(1867―1933)を含む27名を乗せて東京・芝浦を出航した。1回の失敗ののち、1912年1月、ロス海の鯨湾(その東を開南湾と命名)から上陸、白瀬と学術部長武田輝太郎たち5人の突進隊は南極点に向かった。悪天候と装備、食糧の制約から、1912年1月28日、一行は南緯80度05分西経156度37分の地点で付近を大和雪原(やまとゆきはら)と命名し、標識を埋めて引き返した。しかし、南極点は前年の12月14日、ノルウェーのアムンゼン隊によって初めて到達され、また1912年1月18日にイギリスのスコット隊も達していた。開南丸の一行は1912年6月、無事横浜に帰着した。白瀬隊が単に南極到達だけを目的としたのでなかったことは、武田を学術部長に据え、途中、気象、潮汐(ちょうせき)、岩石、動物などの調査をしているのでもわかる。南極点には立たなかったが、現代の南極観測、調査につながる今日的意義のある探検であった。第二次世界大戦後、日本は南極に関するすべての発言権を放棄したが、開南湾(1933年アメリカ地学協会が公認)などの地名は各国の地図・海図に記載され定着している。主著に『南極探検』(1913・博文館)、報告書に南極探検後援会編『南極記』(1913・成功雑誌社)があり、出生地の秋田県にかほ市黒川(旧金浦(このうら)町)の白瀬南極探検隊記念館には開南丸模型などが展示されている。南極・昭和基地の南約100キロメートルにある白瀬氷河は、彼の名にちなんだものである。[半澤正男]
『白瀬矗著『白瀬矗――私の南極探検記――人間の記録61』(1998・日本図書センター) ▽長澤和俊著『日本人の冒険と探検』(1973/新装復刊・1998・白水社) ▽秋田魁新報社編・刊『よみがえる白瀬中尉』(1982)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しらせ‐のぶ【白瀬矗】
軍人、探検家。出羽金浦(秋田県)出身。郡司成忠の千島探検に参加。明治四五年(一九一二)、日本人として初めて南極大陸に上陸。極点踏査には失敗したが、到達地点(南緯八〇度五分、西経一五六度三七分)を大和雪原と命名した。文久元~昭和二一年(一八六一‐一九四六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白瀬矗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白瀬矗の関連情報

関連キーワード

炭酸塩岩脈文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)タンホイザービットリオ・エマヌエレ[2世]ブラームスリストリムスキー・コルサコフ

他サービスで検索

「白瀬矗」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.