Rakuten infoseek

辞書

白朮【ビャクジュツ】

デジタル大辞泉

びゃく‐じゅつ【白×朮】
キク科植物のオケラやオオバナオケラの根茎。漢方で健胃利尿薬などに用い、屠蘇散(とそさん)蚊やりなどの材料ともする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

びゃくじゅつ【白朮】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。「朮」ともいう。キク科オケラの若い根の外皮を取り除き乾燥したもの。健胃利尿解熱鎮痛などの作用がある。五十肩肩こり神経痛に効く湯(にじゅつとう)虚弱体質胃腸炎貧血に効く人参養栄湯(にんじんようえいとう)胃アトニー胃腸虚弱に効く半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)などに含まれる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

びゃくじゅつ【白朮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

びゃくじゅつ【白朮】
オケラまたはオオバナオケラの根茎を乾燥させた生薬。漢方で健胃・整腸・利尿薬とする。屠蘇とそ散にも入れる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

白朮 (オケラ)
学名:Atractylodes japonica
植物。キク科の多年草,園芸植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びゃく‐じゅつ【白朮】
〘名〙 朮(おけら)の若い根の外皮を取り除いた生薬(しょうやく)。芳香性健胃薬や白散(びゃくさん)などに用いる。〔異制庭訓往来(14C中)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白朮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白朮の関連情報

他サービスで検索

「白朮」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.