Rakuten infoseek

辞書

白日【ハクジツ】

デジタル大辞泉

はく‐じつ【白日】
照り輝く太陽。
真昼。白昼。「白日の夢」
身が潔白であることのたとえ。「青天白日の身」
[補説]書名別項。→白日

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はくじつ【白日】[書名]
渡辺水巴句集。昭和11年(1936)刊行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

白日
北方謙三の長編ハードボイルド小説。2000年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はくじつ【白日】
明るく輝く太陽。
昼間。白昼。
やましいところのないたとえ。 青天-
[句項目] 白日の下に晒す

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はく‐じつ【白日】
〘名〙
① 照り輝く太陽。
※文華秀麗集(818)上・秋夕南池亭子臨眺〈淳和天皇〉「明月東山看漸出、莫愁白日巖頭曛」 〔宋玉‐神女賦〕
② 白昼。昼間。日中。
※太平記(14C後)二四「院院の焼燈は白日に異ならず」 〔呉志‐滕胤伝〕
③ 何の障害・制約もない状態。身が潔白になったことをたとえていう語。青天白日。
※玉葉‐文治二年(1186)七月三日「縦有黒腹之思、専任白日之誡者也」
④ 私心がないこと。明らかなこと。
※童子問(1707)中「蓋有実徳、而後有実見、猶白日視物、歴歴分明、既無疑、亦無迷」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.