Rakuten infoseek

辞書

白州【はくしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白州
はくしゅう
山梨県北西部,北杜市西部の旧町域。駒ヶ岳の北東斜面を占める。 1955年長坂町の一部と駒城村の一部,鳳来村,菅原村とが合体して白州町が成立。 2004年明野村,須玉町,高根町,長坂町,大泉村,武川村と合体して北杜市となった。地名は大小の河川が多く,そこから流出した白砂の形成した白州にちなむ。山麓を流れる釜無川沿いの低地で米作が行なわれ,果樹,野菜の栽培も取り入れられている。山麓の松原にはウイスキー工場がある。中心地区の白須は駒ヶ岳の登山口。南アルプス国立公園南アルプス巨摩県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しら‐す【白州/白×洲】
白い砂の州。
邸宅の玄関先や庭園などで、白い砂や小石の敷いてある所。
能舞台と観客席との間の、砂利を敷きつめた所。
《庭に白い砂利が敷かれていたところから》江戸時代、奉行所の裁きを受ける庶民が控えた場所。また転じて、奉行所・法廷。おしらす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能楽事典

白州
能舞台が屋外にあった時の名残で、玉石が敷かれています。
舞台に近い方から一ノ松、二ノ松、三ノ松と、順に小さくして遠近感を出しています。

出典:社団法人能楽協会

白州」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白州の関連情報

他サービスで検索

「白州」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.