Rakuten infoseek

辞書

白化【はくか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白化
はくか
albinism
ヒトや動物の皮膚毛髪虹彩などに色素を生じない遺伝性の異常現象。こうして生じた白化動物をアルビノといい,虹彩の色素欠乏のため,眼の色が血液を反映して赤く見える。これに対し,たとえばエチゴウサギ冬型のように本来の生理機構として白くなったものでは,眼は着色している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白化
はくか
chlorosis
黄白化ともいう。植物において,鉄,マンガンマグネシウムなどの欠乏により,クロロフィル (葉緑素) が形成されないで,生理的に植物体が白色になる現象をいう。ウイルス感染によることもあり,このときは退緑と訳す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はっ‐か〔ハククワ〕【白化】
[名](スル)《「はくか」とも》
白くなること。
生物に本来の色彩が発現しない現象。色素、またはその発現に関連する遺伝子の欠如が原因で、植物ではクロロフィル(葉緑素)の欠如のため、動物ではメラニンの形成が行われないために起こる。→白子(しらこ)2白皮症(はくひしょう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐か〔‐クワ〕【白化】
[名](スル)はっか(白化)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はっか【白化】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はくか【白化】
スル
マグネシウム・鉄・マンガンなどの元素の欠乏のため、植物体にクロロフィルが欠けてほとんどカロテノイドだけの色調になること。黄白化。クロロシス。
多くは遺伝的に、動物の皮膚・毛髪・目などに色素を生じない現象。白化現象。 → 白子しらこ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はっか【白化】
はくか白化

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しら‐ばけ【白化】
〘名〙 (形動)
① わざとありのままに言って相手の気をひくこと。また、そのさま。直化(すぐばけ)
※評判記・色道大鏡(1678)一「白化(シラバケ) 物をしらにいふ謀(はかりこと)也。直化(すぐばけ)と同し」
② そらぞらしく化けること。しらばくれること。また、そのさま。
※浄瑠璃・甲賀三郎窟物語(1735)四「取て置きの臍繰分別、お召替を小作に着せ、白化(シラバケ)の贋若君」
③ あけすけに言うこと。ありのままを述べ立てること。暴露すること。また、そのさま。
※浄瑠璃・和田合戦女舞鶴(1736)一「我方へ入道が内通、サア斯うしらばけに言ひ出すからは、一寸も遁(のが)されぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はっ‐か ハククヮ【白化】
〘名〙
① 植物体に葉緑素が欠けるため、植物体がカロチノイドだけの色調(黄白化)になること。葉緑素の生成に必要な鉄・マンガンなどの元素が欠乏するために起こる。
② 動物の白子(しろこ)のこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐か ‥クヮ【白化】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.