Rakuten infoseek

辞書

白タク【シロタク】

デジタル大辞泉

しろ‐タク【白タク】
白ナンバー自動車で不法にタクシー営業をすること。また、その車。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しろタク【白タク】
白いナンバープレート(自家用車のしるし)の自動車でタクシーの仕事をするもの。法律上認められていない。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

白タク
営業許可を受けず自家用車を用いてタクシー営業すること、またはその車のこと。日本では、タクシーは緑地のナンバープレートを付けるが、白タクは自家用車用の白地のナンバープレートをつけているためこう呼ばれる。海外の違法タクシーについても日本では白タクという。近年では、自家用車の登録ドライバーにスマートフォンを用い配車サービスを行う「ライドシェア(相乗り)ビジネス」が米国で生まれ欧米に広がっている。その代表的企業である米国の配車サービス企業「ウーバー」は、2015年2月に日本でライドシェアの運用実験を行ったが、国土交通省より道路運送法違反との指導を受け1カ月で中止した。15年10月には、安倍晋三首相が白タクの一部解禁を検討するよう指示したが、石井啓一国土交通相は慎重な考えを示している。
(2015-10-27)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しろ‐タク【白タク】
〘名〙 (「しろ」はナンバープレートの色で、自家用車であることを表わす、タクはtaxi の略) タクシーとしての営業免許を受けていないのに、客をのせ、運賃をとる自家用車。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉日本「業者思想」欧州に死す「これが日本でいうところの白タク、もぐりのタクシーらしく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白タク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白タクの関連情報

他サービスで検索

「白タク」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.