Rakuten infoseek

辞書

白かす【シラカス】

デジタル大辞泉

しら‐か・す【白かす】
[動サ四]興をさます。しらけさせる。
「人を―・し、その座をさますなり」〈十訓抄・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しら‐か・す【白かす】
〘他サ四〙 (「かす」は接尾語) 白けさせる。をさます。気まずくさせる。
※十訓抄(1252)二「我はいまだ乱れぬままに事うるはしくひもさしかためて、人をしらかし其の座の興をさますなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しらま‐か・す【白かす】
〘他サ四〙 (「かす」は接尾語)
① 興をさまさせる。
※山家集(12C後)下「山里の心の夢に惑ひをれば吹きしらまかす風の音哉」
② 相手の勢いをくじく。衰えさせる。しらむ。しらます。
※保元(1220頃か)中「敵、魚鱗に懸破らんとすれば、御方鶴翼(かくよく)に連なって射しらまかす」
③ 刃物の切れあじを鈍らせる。しらむ。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白かす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白かすの関連情報

他サービスで検索

「白かす」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.