Rakuten infoseek

辞書

登/頭【ト】

デジタル大辞泉

と【登/頭】[漢字項目]
〈登〉⇒とう
〈頭〉⇒とう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう【登】[漢字項目]
[音]トウ(呉)(漢) (慣) [訓]のぼる
学習漢字]3年
〈トウ〉
高い所に上がる。「登壇登頂登攀(とうはん)
ある場所に進み出る。「登院登校登場登庁登板
高い位や地位につく。「登用登竜門
書面や帳簿にのせる。「登記登載登録
〈ト〉12に同じ。「登山登城
[名のり]たか・ちか・とみ・とも・なり・なる・のり・み・みのる
[難読]能登(のと)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

み‐のぼ・る【登】
〘自ラ四〙 穀物などが実を結ぶ。みのる。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)二「稲を損ひ、登(ミノボル)こと無く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

登/頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

登/頭の関連情報

他サービスで検索

「登/頭」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.