Rakuten infoseek

辞書

発足【ハッソク】

デジタル大辞泉

はっ‐そく【発足】
[名](スル)ほっそく(発足)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっ‐そく【発足】
[名](スル)
組織や機構などが設けられ、活動を始めること。はっそく。「米価審議会が発足する」
出発すること。はっそく。
「力無く故土(こど)に向けて―する」〈太宰・竹青〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はっそく【発足】
( 名 ) スル
ほっそく(発足)」に同じ。 「午食して-す/十和田湖 桂月

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっそく【発足】
( 名 ) スル
団体・組織などが新しく作られ、活動を始めること。はっそく。 「協議会は一〇月に-する」
出発すること。はっそく。 「静岡を-して/浮雲 四迷

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はっ‐そく【発足】
〘名〙 =ほっそく(発足)〔文明本節用集(室町中)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっ‐そく【発足】
〘名〙
① 旅立つこと。出立すること。門出すること。出発。出立。はっそく。
※日葡辞書(1603‐04)「Fossocu(ホッソク)。ハッソクという方がまさる」
※滑稽本・八笑人(1820‐49)三「ちっともはやく発足(ホッソク)する工めんにしようではねへか」 〔楚辞‐天問〕
② 活動を始めること。団体や会議などが設けられ、活動し始めること。はっそく。
※憲法第九条をめぐる若干の考察(1965)〈丸山真男〉「自由党と改進党がそれぞれ党内に憲法調査会を発足させたのがやはり二十九年の四月」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発足」の用語解説はコトバンクが提供しています。

発足の関連情報

他サービスで検索

「発足」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.