Rakuten infoseek

辞書

発掘【はっくつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

発掘
はっくつ
地下に埋もれた考古学的資料を科学的方法によって掘出して,過去の文化状況を明らかにしようとする行為。いったん発掘を進行させてしまえば,既存の状態を破壊することになるので,予備調査,記録,手段,観察,保存などの面にわたって細心の注意が要求される。遺跡の発掘,出土遺物の整理,検討,研究,報告の段階を経て,発掘行為は完結する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はっ‐くつ【発掘】
[名](スル)
地中に埋もれているものを掘り出すこと。「埋蔵金が発掘される」
考古学で、埋もれた遺跡を掘り出す作業。「ピラミッドの発掘調査」
世間に知られていないすぐれた人やものを見つけ出すこと。「隠れた人材を発掘する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

発掘
 地下を掘り起こすこと全てをさします。工事地面を掘ることも発掘になります。しかし、ここでは地下を掘って、昔の人が生活していた跡などを探すことを指します。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はっくつ【発掘】
一般に土中その他に埋没して直接見ることのできない状況におかれている物件を,実見しうる状況に露出する行為をいうが,とくに遺跡において,考古学者が遺構や遺物を検出する作業行為を指すことが多い。ただしそのうちで,土地等を掘削する行為のみを発掘と呼ぶこともある。たとえば,現行の文化財保護法では,遺跡を土木工事等で掘削することを〈土木工事等のための発掘〉とし,考古学の調査を〈調査のための発掘〉と呼んで,一応この二つの行為を区別しているが,いずれにおいても〈発掘〉は土地の掘削のみを指す言葉となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はっくつ【発掘】
( 名 ) スル
土中に埋もれているものを掘り出すこと。
遺跡・遺物などの埋蔵文化財の調査のために地下を掘り下げて探索すること。 「 -調査」
世に知られていない優秀な人や物を見つけ出すこと。 「人材を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はっ‐くつ【発掘】
〘名〙
① 土中にあるものを掘り出すこと。〔音訓新聞字引(1876)〕 〔漢書‐師丹伝〕
② 考古学で、地表下に埋蔵された遺物・遺跡を掘り出すこと。また、その作業。
※磯(1951)〈竹山道雄〉「先史時代の古墳が発掘されたそうで」
③ 人に知られていないすぐれたものを探して世に出すこと。
※裸の日本人(1958)〈佐藤忠男〉I「地方の多くの有為な人材を発掘したことが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発掘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

発掘の関連情報

他サービスで検索

「発掘」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.