Rakuten infoseek

辞書

発句【ほっく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

発句
ほっく
(1) 和歌漢詩の第1。たとえば和歌の5・7・5・7・7の最初の5の句。 (2) 連歌連句の巻頭の第1句で5・7・5・の 17音から成る。主客一座の席では客が詠み,その他一般の席では高位,長老が詠む。発句には切れ字と季語が必要とされる。連歌では長 (たけ) 高く幽玄に,連句では本意確かに曲節があり余情があることを理想とする。江戸時代後期の連句では立句 (たてく) とも呼ばれた。 (3) 連歌や連句の発句が,独立して一つの詩としてつくられたもの。明治以後は俳句と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はっ‐く【発句】
漢詩で、絶句の第1句、律詩の第1・2句。起句
和歌の第1句、または第1・2句。
ほっく(発句)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっ‐く【発句】
短歌の最初の句。初5文字、または第1・2句。のちには上の句
連歌連句の第1句。五・七・五の17音からなる句。立句(たてく)。→挙句(あげく)
2が独立した短詩形として単独で作られたもの。俳句。
せり市で、最初の付け値。
「八十両といふ―から安ければ、負けぬ負けぬ」〈浄・浪花鑑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほっく【発句】
連歌,俳諧用語。連句発端である5・7・5の17音節句。結果として独詠に終わることはあっても,つねに7・7の付句を期待し,連句の発端となる可能性を内包する点で,近代俳句とは異なる。また,付句を期待しながらも和歌の上句と異なるのは,独立して一つの判断を示さなければならない点で,言い切ることが大切である。その点では付句もかわりないが,付句の鑑賞はつねに前句とともになされ,2句の間隙(かんげき)を推論によって埋める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はっく【発句】
律詩の第一・二句。起句。
ほっく(発句)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっく【発句】
連歌・連句で、発端の五・七・五の句。立て句。 ⇔ 挙げ句
の句が独立して単独に詠まれるようになったもの。すなわち、俳句。地発句。
和歌や詩の最初の句。初句。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

発句
ほっく
連歌(れんが)・俳諧(はいかい)用語。最初は短歌の初五文字、のちに同じく上の句(五・七・五)をさしていったが、十七音節(五・七・五)の長句と十四音節(七・七)の短句を交互に付け連ねる連歌・連句が成立すると、その巻頭の長句を、第二句(脇句(わきく))以下の付句(つけく)と区別して、発句とよぶに至った。短歌の上の句と違い、完結した思想を表現しなければならず、季(き)の詞(ことば)(季語)を詠み込み、切字(きれじ)を用いることが要請された。その点、今日の俳句と異なるところはないが、脇句以下の付句を予想して制作され、百韻(ひゃくいん)なり歌仙(かせん)(三六句)なりの一巻をリードするだけの格調の高さが重んじられた点で、一線を画する。やがて独立の詩形として自覚的に制作されるようになると、連句の第一句はとくに立句(たてく)ともよばれ、発句は俳句とも称されるに至った。しかし俳句の名称が本質的な詩性の変革を伴って用いられるようになったのは、正岡子規(しき)による俳句革新運動以後である。[乾 裕幸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はっ‐く【発句】
〘名〙
① 漢詩で、絶句の第一句と律詩の第一・二句をいう。起句(きく)。〔作文大体(1108頃か)〕
② 転じて、和歌の第一句、または第一・二句。ほっく。〔歌経標式(772)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐く【発句】
※春のみやまぢ(1280)「、連歌のほく、その後、心地いよいよ侘しくて、一句もえ付けず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほっ‐く【発句】
〘名〙 (「ほつ」は「発」の慣用音)
① (漢詩・和歌で第一句または第二句をいう「はっく(発句)」から) 連歌や俳諧の連句で、最初の五・七・五の一七音からなる句。切字・季語を含み、格調の上で付句とは違った完結性を必要とした。後に俳句としてこれが独立して詠まれるようになってからは、連句ではそれと区別して立句(たてく)ともいう。⇔挙句(あげく)
八雲御抄(1242頃)一「連歌〈〉一、発句者於当座然之人得之」
② ①が独立して詠まれるようになったもの。俳句。
※俳諧・貝おほひ(1672)序「又神楽の発句を巻軸にをきぬるは」
③ (①から転じて) 最初。発端。
浄瑠璃楠昔噺(1746)三「まあ其咄の発句(ホック)はどふじゃの」
④ せり市で、振り手が基準としてつける最初の値。また、その値をつける
※浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)四「八十両という発句(ホック)から安ければ。負けぬ負けぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発句」の用語解説はコトバンクが提供しています。

発句の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.