Rakuten infoseek

辞書

発動【ハツドウ】

デジタル大辞泉

はつ‐どう【発動】
[名](スル)
動き始めること。活動を始めること。「情意の発動
「悪人にもなお純善なる良心ありて、時に―する事あり」〈逍遥小説神髄
事件などを処理するために、法的権限を行使すること。「強権を発動する」
動力を起こすこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はつどう【発動】
スル
動き始めること。活動を始めること。 我等の行為が自然に-する時は/愛と認識との出発 百三
法的権限を行使すること。 国権の-
動力を起こすこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はつ‐どう【発動】
〘名〙
① うごきだすこと。活動をはじめること。おこること。
※土井本周易抄(1477)一「利は一機の発動する故に速也」
※俳諧・雑談集(1692)上「此有様まことに、仁心の発動(ハツドウ)せる所なれども」 〔荘子‐天運〕
② 権能を発すること。法的権限を行使すること。
※芸術運動に於ける前衛性と大衆性(1929)〈勝本清一郎〉「生産の合理化や意識的統制や〈略〉国家権力の反動的発動や」
③ 動力をおこすこと。
[補注]中世以前は、多く、病気が起こるの意で用いていた。→ほつどう(発動)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほつ‐どう【発動】
〘名〙 病気がおこること。
※日本後紀‐大同三年(808)一二月甲子「臣〈略〉復患脚気、発動無期」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

発動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.