Rakuten infoseek

辞書

【クセ】

デジタル大辞泉

くせ【癖】
《「曲(くせ)」と同語源》
無意識に出てしまうような、偏った好みや傾向。習慣化している、あまり好ましくない言行。「爪をかむ」「なくて七」「怠け(ぐせ)がつく」
習慣。ならわし。「早起きのをつける」
一般的でない、そのもの特有の性質・傾向。「のある味」「のある文章」
折れ曲がったりしわになったりしたまま、元に戻りにくくなっていること。「髪のをとる」「着物の畳み(ぐせ)」→癖にその癖
[下接語]足癖髪癖・噛(か)み癖・酒癖尻(しり)癖其(そ)の癖手癖難癖一癖筆癖読み癖(ぐせ)歌癖着癖口癖抱き癖出癖寝癖・話し癖

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へき【癖】
かたよった好みや習性。くせ。「放言のがある」「煙霞(えんか)の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へき【癖】[漢字項目]
常用漢字] [音]ヘキ(漢) [訓]くせ
〈ヘキ〉かたよった習性。くせ。「悪癖奇癖潔癖酒癖習癖書癖性癖盗癖病癖
〈くせ(ぐせ)〉「口癖酒癖手癖難癖(なんくせ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くせ【癖】
くせと同源
ある人が無意識的にしばしば行うちょっとした動作。 話しながらあごをなでる-がある -が悪い
普通とは異なった特徴。 -のある字 -のある髪の毛
やわらかい物に残った曲げあと。 襟に変な-がつく
(「そのくせ」の形で逆接句を導いて)そうでありながら。普通、人の属性についていう場合に用いられる。 彼は寒がりだ。その-、コートは着たがらない
きまり。習慣。 はかなきことも雲鳥のあやにかなはぬ-なれば/千載 雑下
欠点。 一字二字あまりたれどもうちよむに例にたがはねば-とせず/新撰髄脳癖して癖に

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へき【癖】
くせ。かたよった習性。 放浪の-がある

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


くせ
habitcustom
手足や体の動かし方、話し方などで同様な状況のもとでつねに自動的に繰り返される傾向。広い意味では習慣の一種とみられるが、極端な場合には通常よりも不必要に偏向した反応として現れる。[小川 隆]

習慣と癖

一般に同じ状況下で繰り返される行動がその状況に適切な仕方で安定し、滞りなく進行することが習慣とよばれる。習慣は状況に適応するだけではなく、類似の状況に転移する積極的な意味をもつ一方、状況が実際には変化しても同じ行動を固執し、不適切な結果をきたすという消極的な意味をもつことがある。狭い意味では、癖はこの後者をさすが、この場合は新しい行動の習得を妨げることになる。たとえば、ドアのハンドルを引いて開けることに慣れていると、押して開けねばならないときにも引く動作が先行する場合である。
 このような動作の固定はどのようにして習得されたかが、かならずしも明らかでないこともある。幼児の指しゃぶり、児童の夜尿症、成人の吃音(きつおん)、貧乏ゆすり、赤面恐怖なども癖といわれるが、これらは適切な動作の固定とはみられない。これらの癖(悪癖(あくへき)ともいう)は成熟によって自然に消滅することもあるが、病的症候として強固に持続することもある。これらは常同反応stereotype responseともいわれ、欲求不満のもとに多く発生する。また、常同反応の禁止が欲求不満を結果することもある。
 癖は単なる身体運動についてだけでなく、広く、食事や他人に対する嗜好(しこう)、虚言、盗み、浮浪、偏見、先入見などにもいわれる。癖となった晩酌、食後の喫煙などは、これらを禁止することによって心的ストレスを発生させるし、生活の糧(かて)のためとは関係のない盗癖は、心的ストレスの結果ともみられる。[小川 隆]

集団と癖

人それぞれに癖があるという点で、癖は人間一般に共通の現象であるが、癖のレパートリーは文化によって非常に異なるという点では、癖は個別的であると同時に集団的現象でもある。癖のレパートリーは性、年齢、職業、階層などによっても異なる。癖のレパートリーの文化的相違は、癖としてのしぐさや姿勢などの面で顕著である。通常は無意識に自動的に出現する癖としてのしぐさは、集団内で認知される一定の明確な意味をもつ身ぶりとは区別される。ある集団では癖とみなされるしぐさも、他の集団では身ぶりとして理解される場合があり、ときにはその意味ゆえに人前ではタブーとされたりもする。立つ、座る、寝るといった姿勢にも、その身体技法としての側面と関連して、個別的変異(=癖)を超えた文化的な型が認められる。[武井秀夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くせ【癖】
〘名〙 (「くせ(曲)」と同語源)
① かたよりのある好みや傾向が習慣化したもの。かたよった個人的傾向。物事の考え方、感じ方の、その人独自の傾向から、からだの特殊な、また、無意識にでる動きまでを含んでいう。
蜻蛉(974頃)上「のどらかにうちおきたるものとみえぬくせなんありける」
※源氏(1001‐14頃)帚木「心づくしなる事を、御心におぼしとどむるくせなむ、あやにくにて」
② 物事がいつもきまってそのようになること。ならい。
※頼政集(1178‐80頃)上「あるじがら荒れたる宿のくせなれば、おろしこめても月は見えけり」
※太平記(14C後)二九「運の傾く僻(クセ)なれ共、臆病神の著きたる人程見苦き者はなし」
③ 人や表現における欠点。→癖をつける①。
※新撰髄脳(11C初)「句の末、詞の末ごとにあれどもくせと聞えぬなり」
※わらんべ草(1660)二「吾身のくせをばかへり見ず、人のあやまちをば云物也」
④ 曲がったり、折れたり、しわになったりして、もとに戻しにくくなること。また、その状態。
※日葡辞書(1603‐04)「Cuxeuo(クセヲ) スル」
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生富士を観る「眼立って曲(クセ)のある髪で」
⑤ 習慣。習性。→癖をつける②。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉五「又他の鳥の巣をうばふくせあるものなり」
⑥ 洋裁で、標準とは違った個人の体型の特徴。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へき【癖】
〘名〙
① かたよりのある好みや傾向が習慣化したもの。くせ。習性。
※談義本・風流志道軒伝(1763)跋「予はやくより陸雲が癖(ヘキ)ありて、春は霞める山の端と共に笑ひ初め」 〔晉書‐杜預伝〕
② =けんぺき(痃癖)〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

癖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.