Rakuten infoseek

辞書

癖に【クセニ】

デジタル大辞泉

くせに【癖に】[接助]
[接助]《名詞「くせ(癖)」+格助詞「に」から》活用語の連体形および格助詞「の」に付く。非難や不満の気持ちを込めて逆接条件を表す。にもかかわらず。のに。くせして。「弱い癖に強がりを言う」「本当は好きな癖に、そぶりも見せない」
[補説]打ち解けた会話に用いられる語。「のに」の場合よりも難詰非難の気持ちが強い。また、「なによ、何も知らないくせに」のような終詞的用法もある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くせに【癖に】
連語
名詞くせに格助詞が付いたもの。主として話し言葉で用いられる
活用語の連体形、格助詞「の」に付いて、一語の助詞のように用いられる。
文中にあって、接続助詞的に用いられる場合。非難したり責めなじったりする気持ちを込めて、逆接条件を表す。…にもかかわらず。…のに。 大した金もない-、大きなことを言うな 弱い-、からいばりするな 男の-、からきしいくじがないんだから
文末にあって、終助詞的に用いられる場合。非難・くやしさなどの気持ちを込めて、「…であるのに」の意を表す。 なにさ、さっきは泣いてた- おだまりなさい。子供の- くせには、それによって結ばれる前文と後文とが同一の主語の場合に限られる。それに対して、のには、前文と後文とが異なった主語の場合にも用いられる。こういう点で、くせにの方がのによりも用法が限られる。意味の上でも、くせには、のによりも非難する気持ちが強い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くせ‐に【癖に】
〘連語〙 活用語の連体形、または体言をうけた助詞「の」に付けて、…であるのに、…にもかかわらずの意にいう。他人の動作、状態について非難する気持を含んだいい方。くせして。
(イ) 活用語につく場合。
※虎寛本狂言・縄綯(室町末‐近世初)「扨又まづしい癖に夥敷い子供で御ざって」
(ロ) 体言をうけた助詞「の」に付く場合。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「おめへも生酔の癖(クセ)にしつっこいからだア」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

癖に」の用語解説はコトバンクが提供しています。

癖にの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.