Rakuten infoseek

辞書

【ツウ】

デジタル大辞泉

つう【痛】[漢字項目]
[音]ツウ(慣) [訓]いたい いたむ いためる いたく
学習漢字]6年
体がいたむ。いたみ。「痛覚痛痒(つうよう)胃痛苦痛激痛陣痛頭痛鎮痛疼痛(とうつう)鈍痛腰痛
心がいたむ。悲しむ。「哀痛心痛沈痛悲痛
程度がはげしい。いたく。「痛飲痛快痛切痛烈痛論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

 疼痛ともいう.痛み.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いた・ぶ【痛】
〘自バ四〙 =いたむ(痛)
書紀(720)敏達元年五月(前田本訓)「傷惻(イタビ)たまふこと極めて甚(にへさ)なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いたま・す【痛】
〘他サ四〙 に悲しみや悩みをいだかせる。痛むようにする。悩ませる。いたまかす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つう【痛】
〘名〙 からだに故障がおきて痛いこと。また、その痛み。
※十善法語(1775)五「脈状も外邪の類、痛の類、大抵常人もわかるるといふより見れば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

痛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.