Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

病巣【びょうそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

病巣
びょうそう
focus
細菌が集合している限局性の慢性炎症部をいう。 1921年アメリカの内科医 F.ビリングスが,大部分感染症扁桃炎虫歯が原発病巣となって全身に波及するという病巣感染説を発表した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

びょう‐そう〔ビヤウサウ〕【病巣/病×竈】
からだの、病的変化の起こっている箇所。「―を摘出する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

病巣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

病巣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.