Rakuten infoseek

辞書

疾風【はやて】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

疾風
はやて
日本陸軍機を一貫して製造してきた中島飛行機が,それまでの経験を集大成して生み出した低翼単葉の戦闘機。制式名は四式戦闘機。 1941年末,第2次世界大戦の勃発直後に開発が始まり,わずか1年4ヵ月後の 1943年4月に初飛行,1944年春から量産に入り,終戦までの1年半で 3300~3500機を生産した。日本機としては最高速の飛行性能をもち,戦後アメリカ合衆国による試験飛行でも時速 689kmの高速をみせた。しかし敗戦間近の日本では燃料の質が悪く,製造時の工作不良,材質不良もあって,なかなか本領が発揮できなかった。甲型は,エンジンが中島「誉」 (2000馬力) 1,全長 9.92m,全幅 11.24m,総重量 3570kg,最大速度時速 624km,実用上昇限度1万 500m。武装は 20mm機関砲2,12.7mm機関銃2。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しっ‐ぷう【疾風】
速く激しく吹く風。はやて。
風速毎秒8.0~10.7メートルで、風力階級5の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐ち【疾風】
《「ち」は風の意》「はやて1」に同じ。
「名恐ろしきもの、…―、ふさう雲、鉾星(ほこぼし)」〈・一五三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はやち‐かぜ【疾風】
はやて1」に同じ。
「花を吹きまく―」〈浄・井筒業平〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐て【疾風/早手】
《「て」は風の意》
急に激しく吹く風。寒冷前線に伴うことが多い。陣風。しっぷう。「―のごとく通り過ぎる」
《かかるとすぐ死ぬところから》疫痢(えきり)
風)旧日本陸軍の単座戦闘機。制式名称は四式戦闘機。昭和18年(1943)初飛行。最大時速687キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はやて[列車]
東北新幹線北海道新幹線運行されている特別急行列車愛称平成14年(2002)盛岡・八戸間延伸に合わせて運行開始、平成22年(2010)新青森まで延伸。平成28年(2016)より北海道新幹線でも運行。東京・盛岡間、盛岡・新青森間、盛岡・新函館北斗間を結ぶ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

疾風(はやて)
第2次世界大戦時の日本軍の戦闘機「四式戦闘機」の愛称。初飛行は1943年。太平洋戦争投入ながら約3,000機が生産され、「大東亜決戦機」などとも呼ばれた。一型甲の最高速度は時速631キロメートル。キ番号、キ84。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はやて【疾風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しっぷう【疾風】
はやく吹く風。はやて。 「 -の如く駆け来たる」 「子犬が駱駝らくだの周囲を-の如く廻転して/吾輩は猫である 漱石
ビューフォート風力階級 5 の風。 → 風力階級
[句項目] 疾風に勁草を知る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はやち【疾風】
〔「ち」は風の意〕
はやて」に同じ。 「名おそろしきもの…-・ふさう雲・ほこぼし/枕草子 153

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しっ‐ぷう【疾風】
〘名〙
① 速い風。勢いよく吹く風。はやて。
将門記(940頃か)「暗に疾風の影を追ふ」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「小犬駱駝(らくだ)の周囲を疾風の如く廻転して」 〔戦国策‐趙策上・恵文王上〕
② 風力段階の一つ。木の枝を動かす程度の風で、秒速六~一〇メートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とき【疾】 風(かぜ)
はやい風。つむじ風。疾風。〔観智院本名義抄(1241)〕
※来田本拾遺愚草員外(1240頃)「羅の表紙ひもの玉ゆらときかぜは天の河原にくもやまくらむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐かぜ【疾風】
〘名〙 急にはげしく吹きおこる風。はやて。
※書紀(720)神代下(丹鶴本訓)「吾必ず迅風(ハヤカゼ)洪濤(をほなみ)を起(たて)て、其をして没溺(をほ)し辛苦(たしな)ま令めむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はや‐ち【疾風】
〘名〙 (「ち」は風の意)
① =はやて(疾風)①〔十巻本和名抄(934頃)〕
② 飛脚。
※神代巻講義(1680)下「疾風(ハヤチ)。後世の飛脚也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はやち‐かぜ【疾風】
〘名〙 =はやて(疾風)
浄瑠璃井筒業平河内通(1720)怨霊振分髪「花を吹きまくはやちかぜ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

疾風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

疾風の関連情報

他サービスで検索

「疾風」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.