Rakuten infoseek

辞書

疲労回復のために元気になる食品の組み合わせ【ひろうかいふくのためにげんきになるしょくひんのくみあわせ】

食の医学館

ひろうかいふくのためにげんきになるしょくひんのくみあわせ【疲労回復のために元気になる食品の組み合わせ】
栄養は効率よくとって元気回復のスピードをアップさせたいところ。相性のよい組み合わせを考えて摂取しましょう。
マグネシウムとカルシウム
カルシウム2:マグネシウム1の割合でいっしょにとると循環器系がパワーアップ。アーモンド入りの牛乳寒天などはいかが。
ビタミンB1と糖質
ビタミンB1が糖質をエネルギーにかえてくれます。甘いものをとりすぎたと思ったら、豚肉の赤身で冷製しゃぶしゃぶを。
・カリウムとナトリウム
両者とも血圧を調節する働きがあります。適度な血圧を維持するためにも、バランスのよい摂取を。サツマイモの味噌汁などで。
・アスパラギン酸とグルタミン酸
いずれも脳の働きに作用するアミノ酸。アスパラガスの炒めものにゴマをふりかけて栄養度をアップ。
・カロテンとビタミンCとE
この三者は、消化の悪い食品を食べたときには積極的にとりたい栄養素。1種類で3度おいしいカボチャやホウレンソウは、煮ものや和えものなどでとりたい。
・セレンとビタミンA
病原菌に対する抵抗力をつけるビタミンAの働きをうながすセレン。イワシを焼いたらニンジンのゴマ和えなどをつけ合わせて。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

疲労回復のために元気になる食品の組み合わせ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

疲労回復のために元気になる食品の組み合わせの関連情報

他サービスで検索

「疲労回復のために元気になる食品の組み合わせ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.