Rakuten infoseek

辞書

疫痢【えきり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

疫痢
えきり
日本で多発した小児伝染性下痢症で,赤痢菌感染が主因。2~5歳の幼児に突然発症することが多く,赤痢固有の症状である嘔吐高熱,下腹痛などのほかに昏睡けいれん,自家中毒症状などを呈する。最近は赤痢が激減したため,痢もみられなくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えき‐り【疫痢】
赤痢のうち、小児にみられる重症型のもの。顔面蒼白・血圧低下・ひきつけ・意識混濁などの症状を呈する。経過が急で死亡率が高いことから「はやて」ともよばれた。近年、発病はまれ。小児赤痢。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

疫痢
 日本人幼児にみられた特有の赤痢菌感染症で,ショック症状を呈する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えきり【疫痢 ekiri】
赤痢菌感染にもとづく小児の特殊な症候群。1914年伊東祐彦により独立疾患とされ,22年法定伝染病として取り扱われるようになった。小児がどうして疫痢症状を示すのかという本態については,ヒスタミン中毒説,体質説,副腎皮質機能不全説,低カルシウム血症などの諸説が出された。しかし,これについては,未解決のまま推移しているうちに疫痢そのものが64年以降ほとんどみられなくなった。 疫痢は2~5歳,とくに3歳前後の幼児を襲う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えきり【疫痢】
三歳から六歳ぐらいの小児にみられる、細菌性赤痢の一病型。発熱・嘔吐・ひきつけ・意識混濁などを呈し、死亡率が高かったが、近年、重症例は少ない。疫痢様症状。小児期ショック様症候群。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

疫痢
えきり

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えき‐り【疫痢】
〘名〙
① 下痢の症状が激しい流行性の伝染病。
※全九集(1566頃)三「疫痢の説 一郡一庄一国など老少ともにはやり痢を病む。これ疫痢也」
② 小児、とくに二~六歳の幼児の赤痢で、中毒症状を伴った重症型をいう。血液の循環障害による顔面蒼白、手足の冷え、脈搏の停止や、ひきつけ、意識混濁などの神経系の障害を起こす。伝染病予防法により法定伝染病に指定されていたが、平成一一年(一九九九)の感染症法の施行に伴い四類感染症に分類されている。小児劇症赤痢。
※日本医学史(1904)〈富士川游〉「近時世人が之を疫痢と称するは古人が用ひし名にあらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

疫痢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

疫痢の関連情報

他サービスで検索

「疫痢」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.