Rakuten infoseek

辞書

疝痛【せんつう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

疝痛
せんつう
colic
一定の時間をおいて周期的に現れることの多い,腹部の激痛。胃,腸など消化管,あるいは胆道,腎盂尿管など管状器官の壁に存在する平滑筋けいれん収縮に基づくもので,慢性化した虫垂炎や,いろいろな結石なども疝痛の原因になる。発作的,周期的であるとともに,体位,体動が影響を与えるので,患者は常に疼痛部に手を当て,患部の緊張をゆるめる姿勢をとることが多い。胃疝痛が最も多く,胆道疝痛 (胆石症) がこれに次ぐ。治療には原因除去が望ましいが,鎮痛鎮痙薬を投与する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐つう【×疝痛】
発作性の激しい腹痛胆石腸閉塞(ちょうへいそく)などで起こる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんつう【疝痛 colic】
俗に〈さしこみ〉といわれる痛みで,腹部の中空臓器(胃,腸,腎盂(じんう),尿管,膀胱,子宮)などの壁をつくる平滑筋の異常収縮によって起こる。痛みは深在性で,数分~数時間の間隔で周期的に反復する。しかし,痛みが強い場合は連続的に感じることもある。イレウス,胆石症,尿路結石,胃潰瘍回虫症などに際してみられる。【工藤 翔二】
家畜の疝痛]
 ウシやウマにみられ,その腹部痛は臓器のいかんにかかわらず同様の症状を呈する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんつう【疝痛】
主に腹部臓器の平滑筋の攣縮れんしゆくによって起こる疼痛で、強い痛みが間隔をおいて繰り返し襲ってくるもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

疝痛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

疝痛の関連情報

他サービスで検索

「疝痛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.