Rakuten infoseek

辞書

畳語【じょうご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

畳語
じょうご
同一形態素の結合から成る合成語。「人々」「行く行く」「ほのぼの」など。また,同一形態素の結合によってつくられた語幹接尾辞がついた「みずみずしい」のようなものも含める。擬声語擬態語に特に多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐ご〔デフ‐〕【畳語】
同じ単語または語根を重ねて一語とした複合語。意味を強めたり、事物の複数を示したり、動作作用反復・継続などを表したりする。「我々」「泣き泣き」「またまた」「はやばや」「知らず知らず」などの類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうご【畳語】
同一の造語要素の繰返しによって1語を形成したもの。複合語の一種。語には,自立する語句の重畳(〈人々〉〈みるみる〉〈よくよく〉〈知らず知らず〉),非自立語の重畳(〈ほのぼの〉〈ちかぢか〉)があり,それ自体自立語となるもの(以上の例),他の語の造語成分になるもの(〈いたいた‐しい〉)がある。擬声語・擬態語にも重畳形式(〈トントン〉〈すくすく〉など)が多いが,その他の語では〈ひとびと〉〈ふかぶか〉〈かえすがえす〉のように連濁の現象があるのに,擬声語・擬態語では漢語の場合(〈転々〉〈嬉々〉など)と同様,連濁をおこさない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうご【畳語】
複合語の一。同一の単語あるいは語根を重ねた語。「人々」「泣く泣く」「重ね重ね」「知らず知らず」の類。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

畳語
じょうご
同一の形態素を重ねて用いた形式の複合語。「さらさら」のように全体がそうであるものと、「軽軽(かるがる)しい」のように一部が重ねられているもの(重綴(じゅうてつ))とがある。意味は場合によりさまざまであるが、いくつかの類型に分けられる。
(1)複数 人人、木木、山山
(2)反復 重ね重ね、次次、飛び飛び
(3)強調 まるまる、津津浦浦、見る見る
(4)不定 だれだれ、何何
(5)擬音・擬態語 きらきら、しずしず、ごろごろ、やれやれ
 このうち(1)から(4)は、基本的には複数を示すものと解される。(5)は、幼児語にも共通する、一種の強調と考えられるものである。[近藤泰弘]
『阪倉篤義著『語構成の研究』(1966・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐ご デフ‥【畳語】
〘名〙 同一の単語を重ねて一語とした複合語。体言、動詞の連用形および終止形、形容詞の語幹・連用形・終止形、副詞、感動詞、語根、連語などが重複する。語の意味を強めたり、事物の複数、動作・状態の反復・継続などを示したりする。「人々」「山々」「泣き泣き」「あかあか」「よくよく」「またまた」「おいおい」「ほのぼの」「がらがら」「知らず知らず」の類。〔日本文法論(1902‐08)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畳語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

畳語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.