Rakuten infoseek

辞書

畳薦【タタミコモ】

デジタル大辞泉

たたみ‐こも【畳薦】
[名]畳にする
「―隔て編む数かよはさば道の芝草生ひざらましを」〈・二七七七〉
[枕]薦を幾重にも重ねるところから、「重(へ)」の音をもつ地名「平群(へぐり)」にかかる。
「命の全(また)けむ人は―平群(へぐり)の山の熊白檮(くまかし)が葉を髻華(うず)にさせその子」〈・中・歌謡〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たたみこも【畳薦】
枕詞
畳薦は幾重にも重ねて編むところから、「重」と同音の地名「平群へぐり」や「隔へだつ」にかかる。 -平群の山の熊白檮くまかしが葉を/古事記 -隔て編む数通かよはさば/万葉集 2777

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たたみ‐けめ【畳薦】
「たたみこも(畳薦)」の上代東国方言。地名「むらじが磯」にかかる。かかりかた未詳。
※万葉(8C後)二〇・四三三八「多多美気米(タタミケメ)むらじが磯の離磯(はなりそ)の母を離れて行くがかなしさ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たたみ‐こも【畳薦】
(「たたみこも」は「こもたたみ」と同じで、こもでつくった敷物、または敷物にするこもの意) こもを幾重にも重ねる意から「重(へ)」と同音を含む地名「平群(へぐり)」や「隔(へだ)つ」にかかる。
※古事記(712)中・歌謡「命の 全(また)けむ人は 多多美許母(タタミコモ) 平群(へぐり)の山の 熊白檮(くまかし)が葉を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畳薦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

畳薦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.