Rakuten infoseek

辞書

畳紙【たとうがみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

畳紙
たとうがみ
帖紙」とも書き,また「たたみがみ」「たとう」ともいう。 (1) 懐紙 (かいし) のこと。中世以来,公家武家らが束帯装束の際,懐中に入れておき,鼻紙として,あるいは書状として,または歌をしたためるなどあらゆる用途に使った。故実によれば,色,枚数,折り方などに決りがあった。 (2) 厚紙 (渋や漆を塗ったものもある) で,和服や結い髪の道具をしまうためのもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たとう〔たたう〕【畳紙】
たとうがみ」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たとう‐がみ〔たたう‐〕【畳紙/×帖紙】
《「たたみがみ」の音変化》
折り畳んで懐中に入れ、鼻紙や詩歌の詠草などに用いる紙。懐紙(かいし)。ふところがみ。
厚い和紙に渋または漆を塗って折り目をつけた紙。結髪や着物を包むのに使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たとうがみ【畳紙】
〈たたみがみ〉の音便で,衣冠束帯のときに懐中する紙をいう。帖紙とも書く。《枕草子》に〈みちのくに紙の紙の細やかなるが〉とあり,最初はあまり厚くない檀紙(だんし)をたたんだものと想像される。のちには〈引きあわせ〉〈杉原〉など,主としてコウゾ系統の厚様(あつよう)が使われたが,ガンピ系統の〈鳥の子〉の例もないではない。武家では〈杉原〉を使うのが故実であるが,直垂(ひたたれ),狩衣(かりぎぬ),大紋などを着るときは必ず色目のあるものを用いたという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しょうし【畳紙】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たたみがみ【畳紙】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たたみがみ【畳紙】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たとうがみ【畳紙】
〔「たたみがみ」の転〕
詩歌の詠草や鼻紙などに使うため、畳んで懐に入れる紙。ふところがみ。懐紙。たとう。
厚手の和紙に、渋・漆などを塗り折り目をつけたもの。結髪の道具や衣類などを入れるのに用いる。たとう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

畳紙
たとうがみ
折り畳んで懐中に入れ、歌などを書いたり、鼻紙に用いたりした紙。「たたんがみ」ともいい、平安から江戸時代までの文学作品にもきわめて多くの用例が出てくる。最初は教養のある者のたしなみとして、公家(くげ)社会では檀紙(だんし)(陸奥紙(みちのくがみ))などを愛用したが、武家社会になると杉原紙(すぎはらし)が好まれるなど、時代によって用いられる紙の種類や折り畳み方などに変化がみられる。『日葡(にっぽ)辞書』(1603)にも採録されている。また近代では櫛(くし)などを入れるための、漆(うるし)や渋(しぶ)などを塗った厚紙を折り畳んだものをよぶ場合もある。[町田誠之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たたみ‐がみ【畳紙】
〘名〙
※篁物語(12C後か)「ものも食はで、はなかうじ・橘をなむねがひける〈略〉二三ばかりたたみかみに入れて取らす」
浮世草子・新可笑記(1688)三「細工の畳紙(タタミカミ)など出しけるは侍のみだりがはしき仕業なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たたん‐がみ【畳紙】
〘名〙 (「たたみがみ(畳紙)」の変化した語) =たとうがみ(畳紙)
※後撰(951‐953頃)離別・一三一一・詞書「旅の調度など取らする物から、たたむかみに書きて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たとう たたう【畳紙】
〘名〙
① 「たとうがみ(畳紙)①」の略。
※俳諧・桃李(1780)桃李の巻「すみれ啄雀の親に物くれん〈几董〉 春なつかしく畳帋とり出で〈蕪村〉」
② 「たとうがみ(畳紙)②」の略。
※滑稽本・六阿彌陀詣(1811‐13)二「押入のたとうから、小ぎれを見つけてくすねかけ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畳紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

畳紙の関連情報

他サービスで検索

「畳紙」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.