Rakuten infoseek

辞書

異本【いほん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

異本
いほん
流布本に対して,それと同一の書であるが,多少文字や語句に相違するところがある伝本。異本の成立は『源氏物語』などの場合は書写の過程で生じたものであるが,劇作品の場合は作者の自筆原稿,上演用台本,舞台事情による改作のほか,剽窃 (ひょうせつ) 版などの存在がある。異本の比較対照はテキスト・クリティクの重要な部分をなす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

い‐ほん【異本】
同一原典に由来しながら、伝承の過程で本文の順序や組み立てなどに異同を生じた本。別本。→定本流布本(るふぼん)
世間にほとんど流布していない珍しい本。珍本

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いほん【異本】
元来同一の書物であるが、伝写などの事情によって、文字や組織において多少異なりを生じている本。異書。
特に、流布本に対して、特殊な伝本の称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

異本
印刷作業の途中で訂正が行われたために発生する,同一版にもかかわらず本文の異なる本.異刷ともいう.ヨーロッパにおける活版印刷の初期には,印刷作業は校正作業と並行して行われ,間違いが見付かれば印刷作業を一時止めて訂正を行い,再び印刷を再開したため,異本が生じる.写本の場合は,同一の本文を持つ本はすべて異本となる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

異本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

異本の関連情報

他サービスで検索

「異本」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.