Rakuten infoseek

辞書

異方【コトカタ】

デジタル大辞泉

こと‐かた【異方】
別の所。別の方面
「しばし、―にやすらひて参り来む」〈

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐ほう ‥ハウ【異方】
〘名〙
風俗習慣の違う遠い地方。また、外国。
※本朝文粋(1060頃)一四・清慎公奉為村上天皇修諷誦文〈菅原文時〉「故異方之声無厭」 〔李陵‐答蘇武書〕
電気伝導、光の屈折膨張など、物体の物理的性質が方向によって異なること。結晶体の特質としてみられるほか、ゆがんだ物体、電場や磁場に置かれた物体などにもみられる。異方性

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こと‐かた【異方】
〘名〙 別の所。別室、または別の家。また、別の人。
※枕(10C終)九〇「ことかたより入りて、女房のもとによりて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

異方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

異方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.