Rakuten infoseek

辞書

【ばん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ばん
交代して勤務すること。平安時代中期頃から荘民皇室摂関家に仕え,順番で寺家警備にあたったのに始る。その長を番頭という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばん【番】
[名]
順送りに入れ替わって事に当たること。順番。「話すが来る」「診察を受けるを取る」
注意して見張ること。また、その役。番人。「荷物のをする」「寝ずの」「店
ある分野や特定の個人を取材などの対象として受け持つこと。「首相の記者」「福田」→番記者
物合わせなどで、勝負を争う組。
「宮川歌合と名づけて、これも同じ―につがひて」〈著聞集・五〉
《番号を付けて多数備えておくものの意から》名詞の上に付いて複合語をつくり、当番の人の用いるもの、また粗末なものの意を表す。「傘」「茶」「槍(やり)」
[接尾]助数詞。
多くあるものの順序・等級などを表すのに用いる。「成績は一だ」「二目」「三手」
取り組み・組み合わせ・勝負などを数えるのに用いる。「結びの一」「六百歌合」「三勝負」
能・狂言などの曲数を数えるのに用いる。「謡曲二百集」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん【番】[漢字項目]
[音]バン(慣) [訓]つがい つがう
学習漢字]2年
交代に事を行うこと。「勤番週番順番上番先番当番非番輪番
順序や回数を示す語。「番外番号
番号。「番地局番欠番連番
見張り。「番犬番人番兵交番門番玄関番不寝番留守番
日常の。実用の。粗末な。「番茶
[名のり]つぎ・つぐ・つら・ふさ
[難読]三番叟(さんばそう)蝶番(ちょうつがい)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばん【番】
交代して行われる勤務,およびそのために編成された集団。番制度は早番遅番,昼番・夜番などのように,その勤務が時間的に1人の労働を超える職務分野で広く採用され,現代社会でも工場労働などでみられる(交替制)。特にその勤務労働に伴う報酬が勤務者の生計を支える主要な源泉ではないような社会条件のもとでは一般的な制度であり,前近代社会では番は普遍的な労働編成の一様式であった。その根底には職務を身分の一標識とみる思想と同一職能身分に属する者の平等思想とがあり,しばしば相互の負担を均等化しようとし,あるいはその勤務の永続に伴う権力集中などの弊害を避けようとする意識が認められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つがい【番】
〔動詞「番つがう」の連用形から〕
[0] ( 名 )
二つのものが組になっていること。また、そのもの。一対いつつい。対つい
動物の雌雄の一対。 「 -のおしどり」
関節。 「普通なみよりは長い手足の-が/うづまき
機会。 「 -ミテ申ソウズ/日葡」
( 接尾 )
助数詞。数を表す和語に付いて、組になっているものを数えるのに用いる。 「二ふた-の十姉妹じゆうしまつ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん【番】
[1] ( 名 )
かわるがわる事を行う場合の順序。 「今度は君の-だ」 「掃除の-に当たる」
見張りをすること。番人。 「店の-をする」
順番によって行う勤め。当番。特に宿直のことをいう。 「おのが-に当りて、いささかなる事もあらせじ/源氏 浮舟
名詞の上に付いて複合語をつくり、常用のもの、あるいは粗末なものの意を表す。当番の人の用いる物の意からの転。 「 -茶」 「 -傘」
( 接尾 )
助数詞。
順序・等級・番号などを表すのに用いる。 「一-」 「一丁目三-」
勝負の数を表すのに用いる。 「三-とも勝つ」 「七十一-職人歌合」
能狂言の曲数を表すのに用いる。 「狂言をたてつづけに三-見る」
[句項目] 番を張る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つがい つがひ【番】
[1] 〘名〙 (動詞「つがう(番)」の連用形の名詞化)
[一] 複数のものが組になること。組むこと。また、そのもの。
① 二つのもの、あるいは複数のものが、組み合うこと。また、そのものや人。組。
※法華義疏長保四年点(1002)一「文に四の句有り。合せて両の双(ツカヒ)と為」
※讚岐典侍(1108頃)下「もとの人々御つかひにて殿の御声にてまんさいらく出せとて」
② 動物の雄と雌一対。
※源氏(1001‐14頃)胡蝶「水鳥どもの、つかひを離れず遊びつつ」
③ 夫婦。めおと。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一九「重湯さへめしを喰してたまらうか 番の袖乞あはれ世の中」
④ 組になっているものの一員、または相手。
※梁塵秘抄口伝集(日本古典全書所収)(12C後)一〇「常にありし者を番(つがひ)に置いて、我は夜昼相具して唱ひし時もあり」
⑤ 組になっているものが順次交代で事を行なうこと。
※大智度論平安初期点(850頃か)「此の二種は、常に(ツカヒ)に休みて上り下る」
※釈日本紀(1274‐1301)一八「医(くすし)の博士、易(やく)の博士、暦の博士等(とも)に宜しく番(ツカヒ)に依(よ)りて上(まうて)き下(まか)らしめよ」
⑥ 「つがいまい(番舞)」の略。〔歌儛品目(1818‐22頃)〕
[二] 組み合わさっているものの、つながっている部分。
① つなぎ目の部分。合わせめ。また、前後、順序あるものなどのつなぎ目。区切れ目。
※申楽談儀(1430)勧進の舞台、翁の事「声合する所々は〈略〉よくよく故事をめぐらし、つがゐを守るべし」
② 骨の関節。〔文明本節用集(室町中)〕
※滑稽本・七偏人(1857‐63)五中「腰のつがひががっくりと寛(ゆる)んで」
③ 事をしようとする、ちょうどその時。また、機会。
※玉塵抄(1563)一〇「なみだをまつげにうかべてしたえほろりとおちぬつがい、一声ことをひいたぞ」
※日葡辞書(1603‐04)「Tçugaiuo(ツガイヲ) ミテ マウサウズ」
[2] 〘接尾〙 組になっているものを数えるのに用いる。
※今鏡(1170)一「正家、匡房とて、時に優れたるひとつかひの博士なるに」
※太平記(14C後)一六「烏一番(ツガヒ)杉の葉を一枚噛へて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つが・う つがふ【番】
[1] 〘自ワ五(ハ四)〙 (継ぎ合うの意)
① 二つのものが組み合う。いっしょになる。対(つい)になる。
※小大君集(1005頃)「冬夜のしもうちはらひなくことはつがはぬをしのなにぞありける」
※十訓抄(1252)一「在中、平中とてつがひて世のすきものといはれけるが」
② 雌雄が交接する。交尾する。つるむ。
※売花翁(1893)〈斎藤緑雨〉「横町に犬の番(ツガ)って居るのも黙っては通さぬ世間の口は」
[2] 〘他ハ四〙
① 二つのものを組み合わせる。対にする。いっしょにする。
※小川本願経四分律平安初期点(810頃)「草を縛(ツカヒ)て坐に作るべし」
※狭衣物語(1069‐77頃か)三「表着、裳、唐衣など、やがてその色々にて、つがひつつ」
※日葡辞書(1603‐04)「アシヲ tçugǒte(ツガウテ) ヌル〈訳〉二人が足を交互に入れて寝る」
※平家(13C前)一一「与一鏑をとてつがひ、よぴいてひゃうどはなつ」
③ かたく約束する。いいかためる。
※浮世草子・武道伝来記(1687)五「ぜひなくことばをつがひ」
④ 用意する。準備する。そなえる。
※平家(13C前)七「弓矢とりはいささかの所でも思ひでの詞をば、かねてつがゐをくべきで候ける物かな」
[3] 〘他ハ下二〙 ⇒つがえる(番)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つが・える つがへる【番】
〘他ア下一(ハ下一)〙 つが・ふ 〘他ハ下二〙
① 射るために、矢を弓の弦にあてる。つがう。
② かたく約束する。
※かくれんぼ(1891)〈斎藤緑雨〉「明日と詞約(ツガ)へて裏口から逃し遣たる跡の気のもめ方」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん【番】
[1] 〘名〙
① かわるがわる勤めに当たること。順番。
※延喜式(927)一一「凡諸司毎日作番宿直」 〔旧唐書‐職官志二〕
② 順番によって行なう勤め。当番。
(イ) 宿直のこと。
※宇津保(970‐999頃)国譲上「宰相中将の君御ばんの夜」
(ロ) 見張り番。警固。
※サントスの御作業(1591)二「チュウヤ ban(バン)ヲ ツケヲク ナリ」
(ハ) 江戸城への勤番。
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)二「全体けふは番だから、どうも来られねへ処だっけが」
③ 荘園制で領主が設定した農民支配の組織。何人かの有力名主(みょうしゅ)を番頭に任じ番頭給などの給田を与えて、その代わりに担当範囲の年貢の徴収を義務づけた。
※高野山文書‐応永二九年(1422)六月日・近木庄三箇番畠目録「上番現作拾五町四段小卅歩」
④ 物合(ものあわせ)などの勝負を争う組。組み合わせのこと。
※古今著聞集(1254)五「又一巻をば宮河歌合と名づけて、これも同じ番につがひて」
⑤ 明治時代、人力車夫のうちで、一種の組合組織に属していたものの称。また、その車夫たちが集まって客待ちする所。
※老車夫(1898)〈内田魯庵〉「平常は此橋詰の停車塲(バン)に五六台は欠かさず客待ちするのが」
⑥ 「ばんとう(番頭)」の略。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「おれが顔で番(バン)をくどいて」
※雑俳・柳多留‐一五(1780)「つるかから番をつとめる江戸の町」
⑧ 「ばんがさ(番傘)」の略。
※雑俳・川柳評万句合‐安永八(1779)天一「にわか雨番(ばン)の出払ふするが町」
⑨ =ばんて(番手)(一)④
[2] 〘語素〙 粗末な物、または、常用品の意を表わす。「番茶」「番下駄」「番袋」「番手桶」など。
[3] 〘接尾〙
① 数詞に付いて、順序・等級・当番の組の数などを表わす。
※続日本紀‐慶雲元年(704)六月丁巳「勅、諸国兵士、国別分為十番
② 対をなすもの、勝負の取り組み、舞楽の組み合わせなどを数えるのに用いる。
※源氏(1001‐14頃)竹河「桜を賭物にて、三はむに数一かち給はん方には」
③ 能楽で曲数を数えるのに用いる。
※咄本・昨日は今日の物語(1614‐24頃)上「婿殿の大鼓聞き及びて候。御なぐさみに一ばんあそばせ」
[補注](二)については、多数備えつけておいて、番号を付けるところからとも、また、当番の人の用いる物の意からともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

番の関連情報

他サービスで検索

「番」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.