Rakuten infoseek

辞書

番頭【ばんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

番頭
ばんとう
商家の使用人の最高職位の名称で,丁稚 (でっち) ,手代の上位にあって店の万事を預るもの。主人に代って手代以下の者を統率し,営業活動や家政についても権限を与えられていた。商家によっては番頭1人の場合と,複数制の場合とがあるが,後者の場合は,番頭のうちの上位者が支配人とされた。近代的企業組織の成立とともに消滅した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばん‐がしら【番頭】
武家時代の番衆
江戸時代、大番組小姓組書院番などの長。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん‐とう【番頭】
商家などの使用人のかしら。営業・経理など、店のすべてを預かる者。
警護すること。見張りをすること。また、その役。
「方々、きっと―つかまつれ」〈伎・勧進帳
風呂屋の番台に座る者。のち、風呂屋の下男や三助にもいった。
「この流しの男は、来年ごろ―にぬけやうといふ人物」〈滑・浮世風呂・二〉
番頭新造」の略。
「―さんをはじめ白川だ」〈洒・四十八手

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんがしら【番頭】
番衆,番方(ばんかた)(番方・役方)の各筆頭者を指し,〈ばんとう〉ともいわれる。中世・近世には警固などの役は主として分番交代して行われたので各種の番頭があるが,中世には,鎌倉幕府の雑色(ぞうしき)番頭,これを継承する室町幕府の公人(くにん)番頭,制度として後世に大きな影響を及ぼす室町幕府の奉公衆の番頭などが特に著名である。番頭と番衆との関係はしばしば親子に擬せられ,番頭は相番の者を自宅に招いて饗応し,日常生活や婚姻,子弟のことまで世話をやくなどして,番内の親密なとりまとめに努めることが多かった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ばんとう【番頭】
(1)中世の荘園における下級荘官の一種。平安後期の1127年(大治2),加賀国額田(ぬかだ)荘にみられるのが早い例であり,以後中世を通じて存在した。畿内周辺の紀伊,近江,加賀,能登などに多くみられる。荘園領主に対する月次(つきなみ)の公事(くじ)(夫役(ぶやく)や綿,絹,酒などの雑公事(ぞうくじ))を勤めるために,荘園の下地(したじ)は幾つかのに編成されており,その番が公事をかけられる単位となっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばんがしら【番頭】
番衆の長。
江戸幕府の番方の長。大番頭・小姓番頭・書院番頭など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばんとう【番頭】
商店などの使用人の頭かしら。手代てだい以下を統率し、主人に代わり店の一切のことを取りしきる者。 「旅館の-」 「大-」
風呂屋で、番台にいる者。また、湯屋の三助や下男もいう。 「此ながしの男は来年ごろ-にぬけやうといふ人物/滑稽本・浮世風呂 2
荘園・宮中・寺院などで、事務や警備をつかさどる役。また、その長。
見張りをすること。 「方々、きつと-仕れ/歌舞伎・勧進帳」
「番頭新造」の略。 「傾城に-の名は堅すぎる/柳多留 8

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばん‐がしら【番頭】
〘名〙
① 番の構成員の中の責任者。ばんとう。〔文明本節用集(室町中)〕
江戸幕府大番頭書院番頭・小姓番頭・新番頭などをいう。→番衆②(ホ)。
※集義和書(1676頃)八「番頭并一人立の歴々を上士と云べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん‐とう【番頭】
〘名〙 (古くは「ばんどう」とも)
① 宇多天皇出家後、一時、院の庁の侍者、判官代を称した名称。
※西宮記(969頃)一六「上皇脱屣之後〈略〉五位蔵人為侍者、六位蔵人為判官代〈略〉亭子院出家時、侍者・判官代称番頭
② 荘園内での番を代表した有力名主。荘園領主は年貢・公事徴収の必要上、荘園を番に分け、各番内の有力名主を番頭として荘民(番子)を管理統制させた。年貢の徴収を請負う者もいた。
※勝尾寺文書‐建長二年(1250)七月一〇日・勝尾寺重書目録「為後代亀鏡、加番頭之連署、注置之状如件」
③ 殿中、宮中などの見張り・警護の役。また、その長。武家の番衆のかしら。見付番のかしら。
※吾妻鏡‐寛元二年(1244)六月一七日「番頭城九郎泰盛」
④ 中臈の随身。
※明徳二年室町殿春日詣記(1391)「四方輿御力者〈三手十八人〉番頭八人」
⑤ (━する) 見張りをすること。厳重に警護すること。
※歌舞伎・入間詞大名賢儀(1792)四段「油断なく昼夜の番頭(バントウ)
⑥ 寺の事務をつかさどる長。
⑦ 商家の雇人のかしらで、店の万事を預かるもの。普通、丁稚(でっち)から勤めあげ、元服して手代となり、手代を勤めあげた者がなる。単なる店番のかしらという意味にも用いられるが、多くは営業に関するある事項を店主にかわって委任された者の称で、特に大坂などではしばしば主人よりは上の地位にあった。伴頭。
※浮世草子・世間手代気質(1730)三「其家にて番頭(バンタウ)とあがめられ」
⑧ 湯屋で番台にいる湯番。後には、三助、また、広く湯屋の下男の意にもいった。
※滑稽本・麻疹戯言(1803)送麻疹神表「湯屋の管長(バントウ)は、常の居眠に増を加へ」
※雑俳・柳多留‐八(1773)「傾城にばん頭の名は堅すぎる」
⑩ 芸人のもとにあって、会計や外部との交渉などをつかさどるもの。また、その身のまわりを宰領するもの。
※江戸繁昌記(1832‐36)初「計人(バントウ)二位(ふたり)、筆を簪して薄を守る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

番頭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

番頭の関連情報

他サービスで検索

「番頭」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.