Rakuten infoseek

辞書

番長【ばんちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

番長
ばんちょう
令制における近衛府衛門府兵衛府などの舎人 (とねり) の長。近衛府番長は左右おのおの6人で,近衛舎人のなかから任用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばん‐ちょう〔‐チヤウ〕【番長】
律令制で、諸衛府の下級幹部職員。上﨟(じょうろう)の随身
中学・高校生などの非行少年グループのリーダー。「番長を張る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんちょう【番長】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばんちょう【番長】
律令制で、諸衛府の下級幹部。近衛府では長官に随身し、騎馬で前駆をつとめた。
非行少年少女グループのリーダー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばん‐ちょう ‥チャウ【番長】
〘名〙
① 令制で、左・右兵衛府に属し、兵衛四百人の長としてこれらを統率して内裏の諸門を警護した官人。四人置かれた。
※令義解(718)職員「番長四人」
② 令の規定以外の諸司の官人で、宮中の警備にあたり、多数の配下を統率するもの。
(イ) 大舎人寮の職員。
※西宮記(969頃)一三「大舎人番長」
(ロ) 中衛府の職員。
※続日本紀‐神亀五年(728)八月甲午「置中衛府〈略〉番長六人」
(ハ) 近衛府の職員。
※延喜式(927)一二「神祇官卜部廿人〈略〉左近衛府四百廿五人〈略〉番長六人〈略〉右近衛府此」
③ 中学・高校生などの非行少年グループの長。
※血が足りない(1967)〈生島治郎〉「わしももう、バンチョウあがりのチンピラに、この縄張り(シマ)ででかい面をされるのはあきあきした」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

番長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

番長の関連情報

他サービスで検索

「番長」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.