Rakuten infoseek

辞書

番衆【バンシュ】

デジタル大辞泉

ばん‐しゅ【番衆】
ばんしゅう(番衆)」に同じ。
「折節―もなかりけり」〈伽・唐糸さうし〉
番をする人。番人。
「つくり庭をあまり人の見たがるいやさに、―置かれたれば」〈咄・醒睡笑・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん‐しゅう【番衆】
幕府・朝廷・大名家などで、殿中や館に交代宿直番して、警備雑務に当たった者。番方。ばんしゅ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんしゅう【番衆】
一般的にはを結んで宿直警固などに当たる人々を広く番衆というが,狭義には幕府に詰めて御所内の諸番役を務めた者を特定して呼ぶ。源頼朝は幕府を開くと,多くの御家人の中からとくに信頼厚く弓矢にすぐれた者を選んで日夜身辺に仕えさせた。将軍実朝の時期には近習の結番祗候(けつばんしこう)の制度が整えられ,昵近(じつきん)祗候人の中から芸能のを選んで学問所番も定められた。1219年(承久1)に京都から藤原頼経を迎えた新造の大倉御所には,従来の侍所のほかに小侍所(こさむらいどころ)が設けられ,将軍近侍者による小侍番が定められた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばんしゅう【番衆】
殿中・本陣などに宿直して、警固・雑務に従事する者。特に鎌倉・室町幕府の職制の一。幕営に詰めて、将軍の身辺警固などにあたった者。番方。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばん‐しゅ【番衆】
〘名〙 (「ばんしゅう」とも)
① 番をする人。番人。また、交替で任にあたる人。番方。
※兵範記‐仁安三年(1168)三月一日「御厨子所番衆差御燈御卜」
※平家(13C前)五「よる百人ひる五十人の番衆(バンシュ)〈高良本ルビ〉をそろへて」
② 幕府・朝廷などで、交替制で宿直・警衛などの任にあたる者。
(イ) 鎌倉・室町幕府の職名。営中に宿直勤番し、営内外の警衛その他雑務を掌ったものの総称。番方。
※吾妻鏡‐文応元年(1260)七月二九日「中御所番衆者。可到于廂御所之旨」
(ロ) 室町時代、禁裏、仙洞御所に宿直勤番して警衛にあたった公家衆のこと。
※実隆公記‐大永五年(1525)閏一一月八日「平等寺香水頂戴、入夜円満院被一盞、番衆同賜酒」
(ハ) 室町時代、封建領主や権力者の館、寺院などの警固にあたった郷民、門徒のこと。
※天文日記‐天文一五年(1546)一一月二九日「為堂衆広済寺慶信差下之、此次番衆下之」
(ニ) 戦国時代、大名の城・館に宿直勤番して警衛にあたった武士のこと。
※結城氏新法度(1556)三四条「其夜番衆ぬす人にくみ候か」
(ホ) 江戸幕府の職名。江戸城をはじめ、大坂城、二条城、駿府城などの要害地の守備、および将軍の警衛にあたったものの総称。番方。大番、書院番、小姓組、新番および小十人組の五種があった。
※俳諧・犬子集(1633)一四「さぞな務を望番衆 諸国よりのぼりこそすれ鍛冶細工〈親重〉」
③ 番頭を親しんで呼ぶ語。
※雑俳・柳多留‐三七(1807)「しちくどく番しうおがむおがむ也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばん‐しゅう【番衆】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

番衆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

番衆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.