Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

番茶【ばんちゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

番茶
ばんちゃ
刈落ち番略称で,刈番ともいう。一番茶,二番茶を摘み取ったあとの硬化した茶葉を茎ごと刈落したものを原料とし,煎茶とほぼ同様の方法で製造した茶。乾燥時に強火で十分火入れを行うのが特徴。また,煎茶を再製するときの屑茶,硬化葉,古葉を原料としたものも多い。煎茶よりも軽い独特の香味をもつ。煎茶と異なり,煎出には熱湯を用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばん‐ちゃ【番茶】
煎茶(せんちゃ)用の若葉を摘んだあとの、やや堅い葉から作る緑茶。煎茶よりも品質は劣る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんちゃ【番茶】
煎茶用として茶樹の新芽を摘みとったあとに残る古い葉でつくる茶。冬を越した葉を整枝時に茎ごと刈りおろし,よく蒸してつくるもので,茶褐色をしている。宇治の茶園でつくられる京番茶などがこれで,大きなやかんに湯を沸かし,煮出して飲用するものである。現在では労賃や燃料費の関係で番茶をつくる農家が少なくなり,おおむね煎茶の精選工程で選別された下級品や台湾などからの輸入品が,この名で販売されている。同音のものに晩茶があり,徳島県の阿波晩茶,岡山県の作州晩茶などが知られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

飲み物がわかる辞典

ばんちゃ【番茶】

煎茶用の新芽を摘み取ったあとに残った、大きく成長したやや硬い葉で作る緑茶。煎茶の製造工程でより分けた、大きな茶葉を用いるものもある。煎茶と比べてカフェイン含有量が少ない。地方によってはほうじ茶をいうこともある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

番茶
ばんちゃ

番茶は晩茶、つまり遅くとった茶という意味があり、昔は茶葉が完全に成長するまで畑に置いたものを、鎌(かま)で刈ったり、しごいたりしてとり、炒(い)ったりゆでたりして日干し、半乾きのものをもんで、さらに乾燥してつくっていた。手摘みで煎茶(せんちゃ)がつくられるようになってからは、煎茶用の茶葉をとったあとの硬化葉茎を原料にするようになり、鋏(はさみ)摘みが普及してからは、煎茶の製造過程で出てくる粗大部分(大頭(おおあたま))や茎を主原料とするようになった。また、刈番茶(かりばんちゃ)といって、茶園の形を整えるために刈った木茎、硬葉(こわば)を原料にしたものもある。とる時期により、秋番、冬番、春番などといわれるが、一番茶後の整形のためにとったものがもっとも品質はよい。加工は煎茶用の機械を用いる。香味はやや青臭みが強く、仕上げにあたって強く加熱(80~90℃)したり焙(ほう)じたりして、いやな臭みは除く。浸出されるカフェイン、タンニン、アミノ酸などの成分は少なく、香味は刺激的でなく軽い。いれ方は、1人前の茶の量を3グラムとし、約130ミリリットルの熱湯を注ぎ30秒浸出させる。

[桑原穆夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

番茶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

番茶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.