Rakuten infoseek

辞書

留(め)湯【トメユ】

デジタル大辞泉

とめ‐ゆ【留(め)湯】
前日の湯を捨てないで、翌日、再びわかして入浴すること。また、その湯。
江戸時代の銭湯で、客が入浴代を月ぎめで支払って随時入浴すること。
留め風呂」に同じ。
「今日は長田殿より―にて」〈浄・鎌田兵衛〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とめ‐ゆ【留湯】
〘名〙
① 前日使用した風呂の湯を流さないでおいて、翌日、また使用すること。また、その湯。
※米沢本沙石集(1283)九「近代も湯屋にとめ湯して、女房入れまゐらせんとて」
③ 江戸時代、湯銭を月ぎめにして、まとめて支払い、随時入浴すること。また、その銭湯。⇔現金湯
※談義本・銭湯新話(1754)三「けふは留湯(トメユ)も現金に銭出しながら、少(ちと)気を付てやらねば、男共が嬉しがらぬ」
④ その日、最後の風呂に入ること。しまいゆ。しまいぶろ。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「ここらで留湯(トメユ)と固辞すれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

留(め)湯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

留(め)湯の関連情報

他サービスで検索

「留(め)湯」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.