Rakuten infoseek

辞書

留守/留主【ルス】

デジタル大辞泉

る‐す【留守/留主】
[名](スル)
主人や家人が外出している間、その家を守ること。また、その人。留守番。留守居。「―を頼む」
「玄関をはいると雇い人だけが―していた」〈有島・小さき者へ〉
外出して家にいないこと。「三日ほど―にする」「―していまして失礼しました」「居―」
他のことに心を奪われ、その方に気が回らないこと。「お留守」の形でも用いる。「手元が―になる」「仕事が忙しくて家事がお―になる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

るす【留守】
( 名 ) スル
主人や家人などの外出中、その家を守ること。るすい。 「隣に-を頼む」
外出して家にいないこと。 「母は今-です」 「しばらく日本を-にする」 「居-」
(多く「お留守になる」の形で)あることにのみ注意が向いて、別のことに気が回らないこと。 「攻めるばかりで守りがお-になる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

るす【留守】
姓氏の一。中世、陸奥国の豪族。鎌倉幕府御家人伊沢家景が陸奥国留守職を任ぜられ、留守と称す。後に伊達氏に服し、家臣となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

留守/留主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

留守/留主の関連情報

他サービスで検索

「留守/留主」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.