Rakuten infoseek

辞書

【ガ】

デジタル大辞泉

が〔グワ〕【画】
絵。絵画

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

が【画〔畫〕】[漢字項目]
[音](グヮ)(慣) カク(クヮク)(漢) [訓]えがく
学習漢字]2年
〈ガ〉
絵。「画集画風画廊絵画戯画書画図画動画版画壁画漫画山水画水彩画
絵をかく。「画家画材画餅(がべい)画竜点睛臨画
映画。また、テレビやビデオの映像。「画質映画邦画録画
写真。「陰画陽画
〈カク〉
線を引いて境をつける。区切り。「画一画定画期的区画
境目がついたようにはっきりしている。「画然
はかる。はかりごと。「画策企画計画参画
漢字を構成する一筆分の線や点。「画数字画点画一点一画
[補説]12は「劃(かく)」と通用する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かく〔クワク〕【画/×劃】
[名]
漢字を構成する要素で、一筆で書く線や点。字画。「総―」
易の卦(け)を表す横線。(陽)と(陰)。
(接頭語的に用いて)他と区分する意を表す。「―時代的」
[接尾]助数詞。漢を構成する、ひと続きに書く線や点を数えるのに用いる。「四―の字」「かく(劃)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かく【画】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

が【画】
絵。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グヮ【画】
〘名〙 。絵画。
※黄表紙・御存商売物(1782)上「春ごとのたわれぞうしの画(グヮ)をたくみする」 〔後漢書‐馬援伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

画の関連情報

他サービスで検索

「画」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.