Rakuten infoseek

辞書

画鋲【ガビョウ】

デジタル大辞泉

が‐びょう〔グワビヤウ〕【画×鋲】
図画・ポスターなどを板や壁面に留めるための

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がびょう【画鋲】
板壁や掲示板に紙をとめるためのつきの針。フランスの画家がキャンバスをとめるピンに笠をつけることを思いつき,画材屋に作らせたのが始まりといわれる。笠の材質により金属画鋲プラスチック画鋲に大別され,金属画鋲は笠になる帯鉄(おびてつ)にシンチュウめっきし,鋼鉄線の針を植える。プラスチック画鋲はプラスチック製の笠にステンレス製の針を挿入したもので,1960年代にアメリカから輸入された。さびない,色が美しい,抜きやすいという長所により,70年代に入り普及した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がびょう【画鋲】
板や壁に、紙をとめるための鋲。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

が‐びょう グヮビャウ【画鋲】
〘名〙 板や壁に図画などの紙片をとめるための鋲。
※美少女(1962)〈河野多恵子〉「省子が返した画鋲のケースを両手で挟んで撫でながら言った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

画鋲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

画鋲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.