Rakuten infoseek

辞書

男谷精一郎【おだにせいいちろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

男谷精一郎
おだにせいいちろう
[生]文化7(1810).1. 江戸
[没]元治1(1864).7. 江戸
江戸時代末期の剣客。下総守。名は信友。号は静斎。団野真帆斎に師事,直心影流の剣法を学び,兵法,槍術,射術にも長じた。江戸本所の道場は幕末最大の格式をもち逸材を輩出。彼の建議により安政2 (1855) 年講武所が創設されると,その頭取となり,幕臣子弟や諸藩士に剣,槍,砲を教えた。のち講武所剣術師範役,西丸 (にしのまる) 留守居役講武所奉行並となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おだに‐せいいちろう〔をだにセイイチラウ〕【男谷精一郎】
[1798~1864]江戸後期の幕臣・剣客直心影(じきしんかげ)流の達人で、江戸に道場をもつ。のち、講武所頭取兼剣術師範役をつとめ、後世剣聖と呼ばれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

男谷精一郎 おだに-せいいちろう
1798-1864 江戸時代後期の剣術家。
寛政10年1月1日生まれ。平山子竜(しりょう)に兵法を,団野真帆斎(しんぱんさい)に直心影(じきしんかげ)流をまなび,江戸本所に道場をひらく。幕府の軍事強化のため講武所開設を建議,安政3年講武所頭取兼剣術師範役,のち講武所奉行並となった。弟子榊原鍵吉(さかきばら-けんきち)ら。元治(げんじ)元年7月16日死去。67歳。幼名は新太郎。名は信友。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

男谷精一郎
1798〜1864(寛政10〜元治元)【剣客】幕末の剣豪は、意外にも勝海舟の従兄弟。 江戸後期の旗本・剣客。信友とも。直新影流を学び、江戸本所に道場を持った。幕府へ講武策を建白、国防機関となる講武所が設置されると、頭取役、剣術師範を命じられた。1864年男谷は没し、その2年後講武所も廃止された。後世、剣聖と呼ばれる。ちなみに、男谷家は、精一郎の祖父・平蔵の息子の一人が旗本勝家の養子に入り、勝小吉となった。つまり勝海舟とは従兄弟同志になる。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おだにせいいちろう【男谷精一郎】
1798‐1864(寛政10‐元治1)
幕末の剣聖といわれた剣術家。直心影流13代。兵学,槍術など武芸のほか,書画にも優れ,教養,人格とも抜群の風格ある剣客。精一郎は通称で正式には下総守信友。静斎,蘭斎と号す。1855年(安政2)幕府の講武所開設とともに頭取ならびに教授方となり,多数の剣術家を育成。62年(文久2)下総守叙任,のち御旗奉行,講武所奉行となる。弟子に島田虎之助,榊原鍵吉,横川七郎らがおり,勝海舟とはいとこどうしである。清廉潔白,温厚で,他流試合に敗れたことは一度もなかったが,生涯1人も人を斬らなかったといわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おだにせいいちろう【男谷精一郎】
1798~1864 江戸末期の剣術家。名は信友。静斎と号した。勝海舟の従兄。直心影じきしんかげ流を修め、槍術・弓術にも通じた。人格すぐれ、剣聖といわれた。弟子に島田虎之助ほかの剣術家がいる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

男谷精一郎
おだにせいいちろう
(1798―1864)
江戸末期の剣術家。幕臣、講武所頭取兼剣術師範役。幼名新太郎、通称精一郎、名は信友(のぶとも)、静斎(せいさい)と号した。幼少より文武を好み、13歳のとき平山行蔵(ぎょうぞう)の兵原草廬(へいげんそうろ)の内弟子となり、実戦的武術に対する目を開かれ、1817年(文化14)に直心影(じきしんかげ)流の団野源之進(だんのげんのしん)(真帆斎(しんぱんさい))の門に入り、わずか4年で免許皆伝を得、さらに宝蔵院槍術(そうじゅつ)、吉田流弓術にも達し、21年(文政4)刊の「御府内兵法名家番付」には上々吉と評されて関脇に据えられ、将来を大いに嘱望された。一方、養父彦四郎(燕斎(えんさい)、表(おもて)御祐筆)の薫陶を受けて、文学や書画をたしなみ、その円満な人格と指導力により、小十人(こじゅうにん)100俵高の小身から出世し、31年(天保2)御書院番、43年には御徒頭(おかちがしら)に進んだ。ペリーの来航後、幕府の軍事力強化のために講武場を設置することを建議し、56年(安政3)講武所の開設とともに頭取並(とうどりなみ)兼剣術師範役に起用され、62年(文久2)には従(じゅ)五位下・下総守(しもうさのかみ)に叙任され、翌年講武所奉行並(ぶぎょうなみ)(3000石高)に昇任した。なお、本所亀沢町の男谷道場からは島田虎之助、三橋虎蔵、横川七郎、榊原鍵吉(さかきばらけんきち)らの有名な剣術家が輩出し、後世「剣聖」の名で敬慕されている。[渡邉一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

男谷精一郎 (おだにせいいちろう)
生年月日:1798年1月1日
江戸時代末期の幕臣;剣術家;講武所奉行並
1864年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

男谷精一郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

男谷精一郎の関連情報

関連キーワード

クライストペルス=ライケンブラウン神谷源内植村文楽軒フェルセンケレタロウェルナー(Zacharias Werner)スペイン独立戦争パッフ(Johann Friedrich Pfaff)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.