Rakuten infoseek

辞書

男方【オトコガタ】

デジタル大辞泉

おとこ‐がた〔をとこ‐〕【男方】
男と女とを二組に分けた、その男の側。⇔女方
「御前などにても、―の御遊びにまじりなどして」〈・紅葉賀〉
夫の身内。夫の親戚。
「はらからも人も見るに、―のやんごとなき人にかく用ゐて」〈落窪・三〉
ある女の夫、または恋人である男性。男の方。
「負くるやうにてもなびかめと思すに、―は、さらに焦(い)られきこえ給はず」〈常夏

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おとこがた【男方】
男と女との二手に分けたときの男の方。男の側。 ⇔ 女方
夫の縁戚。 -のやむごとなき人に/落窪 3
女と夫婦・恋人の関係にある男の方。 -も心づかひし給ふ頃なれど/源氏 宿木

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おとこ‐がた をとこ‥【男方】
〘名〙
① 男たちの組。男と女とを二組に分けたその男の方。男子がわ。⇔女方(おんながた)
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「紀の守(かみ)におほみあるじのことどもをおとこ方女方おまし所しつらふこと仕うまつる」
② 夫の身内。夫の親戚。⇔女方
※落窪(10C後)三「はらからも人も見るに、男方のやんごとなき人に、かく用ゐて、われもわれもとし給ふ」
③ ある女に対し、その夫または恋人となる一人の男。男の方。⇔女方
※源氏(1001‐14頃)常夏「おとどなどもねんごろに口入れかへさひ給はむにこそは、負くるやうにてもなびかめ、とおぼすに、おとこがたはさらにいられきこえ給はず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

男方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

男方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.