Rakuten infoseek

辞書

申達【シンタツ】

デジタル大辞泉

しん‐たつ【申達】
[名](スル)通知すること。特に、上級官庁から下級官庁文書命令を下すこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しんたつ【申達】
スル
通知すること。多く、上級の役所から下級の役所に対して文書で指令すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐たつ【申達】
〘名〙 通知すること。多く、上級の役所から下級の役所へ文書で命令をくだすこと。
※歌舞伎・四十七石忠矢計(十二時忠臣蔵)(1871)五幕「万一婚儀をいなむ時は、足利家へ申達(シンタツ)なし、義党の本意を空しくなさん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もうし‐たっ・す まうし‥【申達】
〘他サ変〙
① 意見をお伝えする。上申する。
※太平記(14C後)一五「動(ややもすれ)ば戒壇の事を申達(タッ)せんとし」
② 上の者の意志、命令を下の者に言い送る。通達する。
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「返答の儀は〈略〉蘭人カピタンを以て申達(マヲシタッ)せん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

申達」の用語解説はコトバンクが提供しています。

申達の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.