Rakuten infoseek

辞書

申出【モウシデ】

デジタル大辞泉

もうし‐で〔まうし‐〕【申(し)出】
申し出ること。また、その内容。もうしいで。「援助の申し出がある」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もうし‐いだ・す まうし‥【申出】
〘他サ四〙 (「言い出(い)だす」の謙譲語)
※今鏡(1170)六「歌よみは貫之、兼盛、堀河の大臣殿千載の一遇とかや、ある人侍りけると申いだしたる。人はえ聞き侍らず」
② 出すように言上する。申しあげて出すようにしてもらう。
※太平記(14C後)七「大塔宮は此辺の山中に忍て御座候なれば、義昌方便を廻(めぐら)して、急で令旨を申出し候べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もうし‐いで まうし‥【申出】
〘名〙
① 申し出ること。申し込むこと。また、その内容。もうしで。〔英和外交商業字彙(1900)〕
② 民事訴訟において、当事者が裁判所に一定の訴訟行為を請求すること。申請。
※民事訴訟法(1926)二五八条「証拠の申出は証すへき事実を表示して之を為すことを要す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もうし‐い・でる まうし‥【申出】
〘他ダ下一〙 まうしい・づ 〘他ダ下二〙 (「言い出(い)ず」の謙譲語) 口に出してお話しする。ことばにして申しあげる。申しいだす。
※源氏(1001‐14頃)浮舟「物馴れて、え申いでず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もうし‐だ・す まうし‥【申出】
〘他サ四〙 =もうしでる(申出)
※天草本平家(1592)四「フクワラノ ゴショエ マイリ、インゼンヲ mǒxidaite(マウシダイテ) タテマツッタ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もうし‐で まうし‥【申出】
〘名〙 申し出ること。また、その内容。申しいで。申し出し。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉二「私は固唾をのんで、どうか山川がその申し出を承知してくれるように〈略〉恐縮しながら山川の顔をうかがった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もうし‐・でる まうし‥【申出】
〘他ダ下一〙 意見や希望などを、自分から進んで言って出る。目上の人に進言する。申し出す。
※交隣須知(18C中か)四「当、尤テ コサルニヨリ 申デルヨウニ シテ ミマショウ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

申出」の用語解説はコトバンクが提供しています。

申出の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.