Rakuten infoseek

辞書

甲状腺の検査【こうじょうせんのけんさ】

家庭医学館

こうじょうせんのけんさ【甲状腺の検査】
 甲状腺の病気の診断のための検査には、採血(さいけつ)が必要なものと、そうでないものとがあります。2つに分けて説明しましょう。
◎採血を必要とする検査
◎採血を必要としない検査

◎採血を必要とする検査
●フリーT3 、フリーT4
 甲状腺から分泌(ぶんぴつ)されるホルモンには、トリヨードサイロニン(T3)と、サイロキシン(T4)の2種類があります。
 血液中では、T3もT4も、その大部分は、たんぱく質と結合していますが(結合型)、一部は結合していません(遊離(ゆうり)型)。この遊離型の甲状腺ホルモンを、フリーT3、フリーT4と呼びます。
 たんにT3、T4という場合は、結合型と遊離型を合わせた甲状腺ホルモンの全体を意味します。
 甲状腺ホルモンは、遊離型であるときだけ効果を発揮します。これを活性(かっせい)があるといいます。
 血液中でのフリーT3、フリーT4の濃度は、甲状腺のはたらきぐあいを非常によく表わしています。
 なお、2種類の甲状腺ホルモンのうち、T4に比べてT3のほうが数倍も高い活性をもっています。
 基準値は、フリーT3が、血液1mℓ中に2.1~4.0pg(ピコグラム)(1pgは1兆分の1g)、フリーT4が、1dℓ中に0.8~1.8ng(ナノグラム)(1ngは10億分の1g)です。甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)の人では増加し、機能低下症(きのうていかしょう)の人では減少します。
 なお採血は、朝食をとらずに空腹時に行なうのが原則です。
 甲状腺ホルモン剤として、乾燥甲状腺末(かんそうこうじょうせんまつ)(甲末(こうまつ))やT3剤を服用しているときは、内服後、急激に血中のT3値が上昇するため、検査直前の服用はやめ、採血します。
 なお、T4剤はこの必要はありません。
●甲状腺刺激ホルモン(TSH)
 TSHは、脳の下垂体(かすいたい)の前葉(ぜんよう)という部分から分泌され、血液に入って甲状腺を刺激し、甲状腺ホルモンの合成・分泌をうながします。
 TSHの分泌は、血液中の甲状腺ホルモンの濃度と、脳の視床下部(ししょうかぶ)から分泌されるTSH放出ホルモン(TRH)によって調節されます。そのため、視床下部や下垂体の病気でも、血中のTSHの濃度は変動します。
 しかし、もっとも多い変動の原因は、甲状腺の病気によって、血中の甲状腺ホルモンが変動することです。
 TSHは、バセドウ病、プランマー病などの甲状腺機能亢進症にかかっている人では低値となり、原発性甲状腺機能低下症の人では高値となります。
●甲状腺自己抗体(こうじょうせんじここうたい)
 甲状腺の自己抗体として、免疫機構の標的になる抗体としては、抗サイログロブリン抗体と、抗マイクロソーム抗体があります。
 抗サイログロブリン抗体は、慢性甲状腺炎でみられる(陽性になる)ことが多く、抗マイクロソーム抗体は、慢性甲状腺炎のほか、バセドウ病の人でも陽性となることが少なくありません。
●甲状腺刺激(こうじょうせんしげき)ホルモン(TSH)受容体抗体(じゅようたいこうたい)(甲状腺刺激抗体(こうじょうせんしげきこうたい)と刺激阻害抗体(しげきそがいこうたい))
 バセドウ病の人の血液中には、甲状腺を刺激してホルモン分泌を促進させる物質(抗体)が存在すると考えられています。
 これは、TSH受容体抗体と呼ばれ、甲状腺のホルモン分泌細胞(濾胞上皮細胞(ろほうじょうひさいぼう))の膜にあるTSHの刺激を受けとる部位(TSH受容体)に対して結合する抗体です。
 以上のように、バセドウ病の人では、ホルモン分泌刺激型のTSH受容体抗体がみいだされるのが特徴です。
 しかし粘液水腫(ねんえきすいしゅ)などでは、重い甲状腺機能低下症をひきおこすTSH受容体抗体(ホルモン分泌阻害型の抗体)もみられます。
●血中腫瘍(けっちゅうしゅよう)マーカー(「腫瘍マーカー」)
 サイログロブリンというのは、甲状腺内に存在する巨大な糖たんぱく質分子(糖とたんぱく質の両方の性格をもつ、分子量66万の分子)です。
 このサイログロブリンの血液中の値は、甲状腺の腫瘍(とくに甲状腺濾胞腺(こうじょうせんろほうせん)がん、乳頭(にゅうとう)腺がんなど、分化したがん)の人で上昇するほか、バセドウ病や、亜急性甲状腺炎(あきゅうせいこうじょうせんえん)などの人でも高くなります。
 カルシトニンやCEAは、甲状腺髄様(こうじょうせんずいよう)がんの人で増えます(甲状腺がん(「甲状腺がん」))。

◎採血を必要としない検査
●甲状腺放射性(こうじょうせんほうしゃせい)ヨード(123I 、131I)摂取率(せっしゅりつ)
 ヨードの放射性同位元素(放射性ヨード、123I 、131I)をカプセルの形で内服し、その放射性ヨードの放射線をおいかけて、一定時間後に、そのうちの何%が甲状腺にとりこまれたかをみます。
 通常では、123Iのカプセルを内服し、6時間後(131Iでは、24時間後)に測定します。
 基準値は10~40%で、甲状腺機能亢進症の人では増加し、機能低下症の人では減少します。亜急性甲状腺炎の初期の人では、著しく低い値となります。
 微量のヨードを摂取しても、測定値に影響が出るため、検査の2週間前から、海藻などヨードを含んだ食物をとらないよう、厳重な食事制限を必要とする検査です。
 T3剤を、1日に75μg(マイクログラム)(1μgは100万分の1g)で、7日間内服し、その前後に甲状腺放射性ヨード摂取率の検査を行なって、比較する検査(甲状腺T3抑制試験)が行なわれることもあります。
 健康な人では、T3剤を服用すると、ヨードの摂取率が半分以下に抑えられますが、バセドウ病やプランマー病の人ではヨードの摂取率は抑制されません。
 こうした理由で、バセドウ病の診断確定や、治癒(ちゆ)の判定に使われている検査です。
●画像診断
 甲状腺の腫瘍を電磁波や高周波によってえられた画像で検査・診断するものです。比較的やわらかい組織も写る頸部軟(けいぶなん)X線撮影のほか、超音波エコー検査、甲状腺シンチスキャン(放射性同位元素を利用して画像にするもの)、CTスキャン(コンピュータ断層撮影)、弱い磁気を利用して組織の画像をえるMRI(磁気共鳴画像装置)検査などが行なわれています。
 嚢胞(のうほう)などの良性腫瘍や、結節内(けっせつない)の出血は、超音波検査で診断できますが、通常、これらの画像診断では、腫瘍があることはわかっても、良性であるか悪性であるかの区別まではできません。
●甲状腺針生検(こうじょうせんはりせいけん)
 甲状腺の腫瘍の部分に針を刺し、その一部を採取して、顕微鏡で腫瘍の細胞の種類を調べる検査です。
 腫瘍が良性か悪性かは、これによって、はっきりと診断できます。
 外来で簡単にでき、苦痛がほとんどないため、生検(組織をとって顕微鏡でみる検査)のうち、この穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん)という方法がよく用いられます。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

甲状腺の検査」の用語解説はコトバンクが提供しています。

甲状腺の検査の関連情報

他サービスで検索

「甲状腺の検査」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.