Rakuten infoseek

辞書

【ユ】

デジタル大辞泉

ゆ【由】[漢字項目]
[音](呉) ユウ(イウ)(漢) ユイ(慣) [訓]よし よる
学習漢字]3年
〈ユ〉
そこから出てくる。通ってくる。「由来経由
ある事柄の生じたわけ。いわれ。「由縁来由
〈ユウ〉
そこから出てくる。よる。「自由
わけ。いわれ。「因由(いんゆう・いんゆ)縁由事由理由
〈ユイ〉わけ。いわれ。「由緒
[名のり]ただ・ゆき・より

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆい【由】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆう【由/油】[漢字項目]
〈由〉⇒
〈油〉⇒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よし【由/因】
《動詞「寄す」の名詞化で、物事と関係づけていくことの意》
物事が起こった理由。わけ。また、いわれ。来歴。由緒(ゆいしょ)。「事の―を伝える」「―ありげな寺院」
そうするための方法。手段。手だて。また、かこつける方法。口実。「知る―もない」「会う―もない」
物事の内容。事の趣旨。むね。「この―をお伝えください」
伝え聞いた事情。間接的に聞き知ったこと。「御病気の―承りました」
それらしく見せかけること。体裁をつくること。また、表面にあらわれたようす。体裁。格好。
「所々うちおぼめき、よく知らぬ―して」〈徒然・七三〉
風情。趣。また、教養。
「きよげなる屋廊などつづけて、木立いと―あるは」〈若紫

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆる【由】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よし【由】
〔四段動詞「寄す」の連用形から。よりどころとされるものの意が原義〕
物事の理由や事情。いわく。 「ことの-を聞く」
聞いた話や知っていることの内容。 「御元気の-何よりです」
手段。方法。てだて。 「知る-もない」 「間近けれども逢ふ-の無き/古今 恋一
口実。言い訳。 「妹が門行き過ぎかねつひさかたの雨も降らぬかそを-にせむ/万葉集 2685
それらしく振る舞うこと。そぶり。ふり。 「刀を帯する-あらはすといへども/平家 1
風情。情緒。 「母北の方なむ、古の人の-あるにて/源氏 桐壺
[句項目] 由有り 由こさる 由もがな

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

由の関連情報

他サービスで検索

「由」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.