Rakuten infoseek

辞書

由来【ユライ】

デジタル大辞泉

ゆ‐らい【由来】
[名](スル)物事がそれを起源とするところ。また、物事が今までたどってきた経過。来歴。由緒。いわれ。「伝説に由来する地名」「神社の由来を調べる」
[副]昔からそのようであるさま。もともと。元来。
「すると、才媛は―多情なものと見えますね」〈風葉青春
[アクセント]はユライライ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ゆらい【由来】
[0] ( 名 ) スル
物事がいつ、何から起こり、どのようにして現在まで伝えられてきたかということ。また、その起源・歴史。いわれ。来歴。 「家宝の-を語る」 「遠くギリシャに-する建築様式」
[1] ( 副 )
もともと。本来。 「蕎麦の延びたのと、人間の間が抜けたのは-頼母たのもしくないもんだよ/吾輩は猫である 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆ‐らい【由来】
[1] 物事が、それをもとにして現われ出ること。また、そのよってきたところ。ことの起こり。いわれ。来歴。由緒。
※今昔(1120頃か)四「多の大衆集り畢ぬれば、優婆崛多、此の弟子の比丘の由来を一々に語り給ふ」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「自心に苦悩が有る時は、必ずその由来する所を自身に求めずして他人に求める」 〔易経‐坤卦文言〕
[2] 〘副〙 以前からその状態であることを表わす。元来。もともと。昔から。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「何背国神他神乎。由来不此事矣」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉六「蕎麦の延びたのと、人間の間が抜けたのは由来頼母しくないもんだよ」 〔楊炯‐夜送趙縦詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由来」の用語解説はコトバンクが提供しています。

由来の関連情報

他サービスで検索

「由来」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.