Rakuten infoseek

辞書

田村俊子【たむらとしこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田村俊子
たむらとしこ
[生]1884.4.25. 東京
[没]1945.4.16. 中国,上海
小説家。本名佐藤とし。日本女子大学国文科を病気中退幸田露伴師事し,同門田村松魚と結婚。一時期女優を志したが,『大阪朝日新聞』の懸賞小説に長編『あきらめ』 (1911) が1等当選して文壇に登場。『誓言』 (12) ,『嘲弄』 (12) ,『遊女』 (13,のち『女者』と改題) ,『木乃伊 (ミイラ) の口紅』 (13) ,『圧迫』 (15) など強烈な官能描写を通じて自意識の相克を描き,第一線の流行作家となった。しかし生活面では浪費癖のため破綻をきたし,人のあとを追ってカナダへ脱出 (18) ,18年間在住した。 1936年帰国,再起を試みたが成功せず,中国に渡り雑誌『女声』発行に従事したが客死した。 60年女流文学者の作品,活動に授与される田村俊子賞が設けられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たむら‐としこ【田村俊子】
[1884~1945]小説家。東京の生まれ。本名、佐藤とし。幸田露伴に師事し、同の小説家田村松魚と結婚。男女の相克の世界を官能的に描いた。作「あきらめ」「木乃伊(ミイラ)の口紅」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田村俊子 たむら-としこ
1884-1945 明治-昭和時代前期の小説家。
明治17年4月25日生まれ。幸田露伴に師事。田村松魚(しょうぎょ)と結婚。明治44年「あきらめ」でみとめられ,女性の解放を官能的な筆致でえがいた「木乃伊(ミイラ)の口紅」などで流行作家となる。大正7年愛人の鈴木悦を追ってカナダにわたる。のち上海で「女声」を創刊。昭和20年4月16日同地で急死した。62歳。東京出身。日本女子大中退。旧姓は佐藤。本名はとし。
【格言など】私があなたの生活を愛さないと云うなら,あなたは私の芸術を愛さないと云わなけりゃならない(「木乃伊の口紅」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

田村俊子
瀬戸内晴美(のちの寂聴)による、女流作家・田村俊子の評伝著者故人を知る人を訪ね歩き、知られざる作家の素顔生涯を掘り起こした労作。1961年刊行。第1回田村俊子賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たむらとしこ【田村俊子】
1884‐1945(明治17‐昭和20)
小説家。東京生れ。旧姓は佐藤。別号露英。生家は浅草蔵前の商家。府立第一高女から日本女子大国文科に進んだが中退。1902年(明治35)幸田露伴の門に入り,露英の号を与えられ《露分衣(つゆわけごろも)》を発表した。同門の兄弟子田村松魚と恋愛,09年結婚。松魚に勧められて《大阪朝日新聞》の懸賞小説に応募,《あきらめ》が1等当選となり,11年同紙に連載されて文壇に進出した。花形女流作家として《女作者》《木乃伊(みいら)の口紅》《炮烙(ほうらく)の》などのデカダン風の諸作品が注目された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たむらとしこ【田村俊子】
1884~1945 小説家。東京、浅草生まれ。本名、とし。旧姓、佐藤。日本女子大中退。幸田露伴に師事。同門の小説家田村松魚と結婚。鋭敏な官能描写と艶麗婉美な作風で知られた。作「あきらめ」「女作者」「木乃伊の口紅」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たむら‐としこ【田村俊子】
小説家。東京出身。本名佐藤とし。日本女子大中退。幸田露伴に師事。同門の小説家田村松魚と結婚。はじめ官能の世界を執拗に描き注目されたが、次第に生活が乱れ創作力が落ちた。のち海外で長く暮らし、文壇から退いた。著作「あきらめ」「木乃伊の口紅」など。明治一七~昭和二〇年(一八八四‐一九四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田村俊子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田村俊子の関連情報

関連キーワード

633美の里ニゲルいの(町)吾北スベルドラップ(Johan Sverdrup)清仏戦争自民党総裁選ベネチア水没危機愛知名港花き地方卸売市場(仮称)インドの自動車市場

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.