Rakuten infoseek

辞書

田宮虎彦【たみや とらひこ】

美術人名辞典

田宮虎彦
小説家。東京生。東京帝大国文科卒。在学中から同人誌『日暦』『人民文庫』に執筆。戦後「霧の中」「落城」等の権力への悲愴な敗北感をこめた歴史小説の連作で注目を集めた。また「絵本」「足摺岬」等の庶民的ヒューマニズムただよう自伝的作品でも知られる。毎日出版文学賞。昭和63年(1988)歿、76才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

たみや‐とらひこ【田宮虎彦】
[1911~1988]小説家。東京の生まれ。庶民的なヒューマニズムに貫かれた多くの作品を書いた。作「足摺岬」「落城」「絵本」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田宮虎彦 たみや-とらひこ
1911-1988 昭和時代の小説家。
明治44年8月5日生まれ。東京帝大在学中から「日暦」「人民文庫」に参加。昭和22年会津の没落士族をえがいた「霧の中」で注目される。「落城」「鷺(さぎ)」などの歴史小説,「足摺岬(あしずりみさき)」「絵本」などの半自伝的作品,社会的な視野をもつ「異端の子」などを発表した。昭和63年4月9日自殺。76歳。東京出身。
【格言など】青年のもつエネルギーは,傷つくことをおそれているようでは何事もなし得ない(「失われた青春」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たみやとらひこ【田宮虎彦】
1911‐88(明治44‐昭和63)
小説家。東京生れ。神戸一中,三高を経て東大国文科卒業。戦前に《日暦》《人民文庫》の同人であり,《無花果》(1935)などを発表したが,本格的に認められたのは《落城》(1949)に代表される戦後の歴史小説によってである。さらに半自伝的作品《足摺岬(あしずりみさき)》(1949),《絵本》《菊坂》(ともに1950)などを収めた短編集《絵本》(1951)によって毎日出版文化賞を受賞。胃癌で死んだ妻千代との書簡集《愛のかたみ》(1957)は広く読まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たみやとらひこ【田宮虎彦】
1911~1988) 小説家。東京生まれ。東大卒。抒情味ある緊張した文体で、歴史小説・半自伝小説などを書いた。また、亡妻との書簡集「愛のかたみ」は大きな反響を得た。作「霧の中」「落城」「足摺岬」「銀心中」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田宮虎彦
たみやとらひこ
[生]1911.8.5. 東京
[没]1988.4.9. 東京
小説家。第三高等学校を経て 1936年東京大学国文学科卒業。同年武田麟太郎主宰の文芸誌『人民文庫』の創刊に参加,まもなく検挙されて職を転々とした。第2次世界大戦後『霧の中』 (1947) で注目を浴び,『落城』 (49) ,『異母兄弟』 (49) ,『足摺岬』 (49) ,『菊坂』 (50) ,『絵本』 (50) などの代表作を次々に発表。ほかに『異端の子』 (52) ,『銀 (しろがね) 心中』 (52) ,胃癌のため没した妻千代との書簡集『愛のかたみ』 (57) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

田宮虎彦
たみやとらひこ
(1911―1988)
小説家。東京に生まれる。神戸一中、三高を経て、1936年(昭和11)東京帝国大学国文科卒業。在学中より『日歴』『人民文庫』に参加。創作に励むこと十年、自己の鉱脈を発見したのが、会津(あいづ)士族の数奇な運命を描いた『霧の中』(1947)であり、ついで戊辰(ぼしん)の戦(いくさ)と太平洋戦争を表裏にもった『落城』(1949)連作や、戦国時代を描く『鷺(さぎ)』(1950)などの歴史小説である。また、昭和10年代前後の暗い青春時代を扱った『足摺岬(あしずりみさき)』(1949)や『菊坂』『絵本』(ともに1950)などの半自伝風のもの、現代社会の矛盾を鋭くつく『異端の子』(1952)、『沖縄の手記から』(1972)がある。その文学は、かけがえのない命が失われた憤りを核に、暗く重く、せつない叙情に主調がある。[山崎一穎]
『『田宮虎彦作品集』全六巻(1956~57・光文社) ▽『筑摩現代文学大系64 田宮虎彦他集』(1979・筑摩書房) ▽猪野謙二著『近代日本文学史研究』(1954・未来社) ▽『足摺岬・絵本』(角川文庫) ▽『落城・足摺岬』(新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たみや‐とらひこ【田宮虎彦】
小説家。東京生まれ。昭和二二年(一九四七)、「霧の中」が認められ、その後「末期の水」「落城」などの歴史小説を発表。また、「足摺岬」「絵本」などの自伝的な作品にも独自の境地を拓いた。ほかに「異端の子」「木の実のとき」など。明治四四~昭和六三年(一九一一‐八八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田宮虎彦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田宮虎彦の関連情報

他サービスで検索

「田宮虎彦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.