Rakuten infoseek

辞書

田子ノ浦【たごノうら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田子ノ浦
たごノうら
静岡県東部,富士市南部の田子ノ浦港付近一帯の海浜。北に富士,南に駿河湾をのぞみ古くから景勝地として有名。山部赤人によって「田児の浦ゆうち出でて見れば…」と詠まれた当時の田子ノ浦は富士川西の薩 埵 (さった) 峠あたりまでかなり広い範囲を含んでいたとされる。田子ノ浦港は掘込み式の人工港として 1958年建設に着工,重要港湾,国際貿易港となり 70年に完成,岳南工業地域の玄関口となった。周辺には各種の工場が立並ぶ。田子ノ浦港から土肥 (とい) 港へ西伊豆フェリーが就航している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たご‐の‐うら【田子ノ浦】
静岡県富士市南部の海岸。古くは富士川河口以西をさした。富士山眺望の名所や白砂青松(はくしゃせいしょう)の地として知られる。[歌枕]
「―ゆうち出でて見ればま白にそ富士の高嶺に雪は降りける」〈・三一八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たごのうら【田子ノ浦】
静岡県東部の駿河湾に面する海岸。古来,富士山の展望にすぐれる地として有名。富士川河口右岸の吹上(ふきあげ)ノ浜から東の潤井(うるい)川河口付近を指す。ここから東方の狩野(かの)川河口まで海岸砂丘の田子ノ浦砂丘がつづいている。潤井川と沼川の合流地点の旧吉原湊には,掘込み式の田子ノ浦港(1962年完成の重要港湾)が建設され,岳南工業地域の玄関となっているが,1960年代後半には後背地の製紙工場からの廃液による〈へどろ〉が堆積し,社会問題化した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

田子ノ浦
たごのうら
静岡県東部、駿河湾(するがわん)奥部、富士市南部、田子浦港一帯の海岸をさし、静岡市清水区蒲原(かんばら)地区の吹上の浜から富士川河口を経て、富士市沼川河口あたりまでを含める。現在は「田子の浦」の表記が多い。富士山の眺望と白砂青松の海岸は景勝地として知られ、『万葉集』巻3に収める山部赤人(やまべのあかひと)の歌など、古来多くの歌に詠まれた。砂丘も発達している。沼川と潤井(うるい)川が合流して駿河湾に流出する地点は、中・近世吉原湊(よしわらみなと)として発達した。1958年(昭和33)掘込み式港湾田子の浦港建設に着工し、1970年完成したが、周辺に各種の工場が建ち並び景観は一変した。重要港湾に指定されている。[北川光雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たご‐の‐うら【田子ノ浦】
静岡県東部、駿河湾に注ぐ富士川河口付近の海岸。現在は東側の潤井川河口あたりまでをいうが、古くは西側の蒲原、由比の海岸を含めていった。多胡浦。歌枕。
※万葉(8C後)三・三一八「田児之浦(たごのうら)ゆうち出でて見れば真白(ましろ)にそ不尽(ふじ)の高嶺に雪は降りける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田子ノ浦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田子ノ浦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.