Rakuten infoseek

辞書

田中藤六【たなかとうろく】

防府市歴史用語集

田中藤六
 江戸時代中頃の製塩不況を三八替持法[さんぱちかえもちほう]という生産調整方法を提案して、製塩業を救った人です。鶴浜[つるはま]で製塩業をしており、豊後屋[ぶんごや]と呼ばれていました。製塩業を救った功績で、三田尻浜大会所[みたじりはまおおがいしょ]の初代大年寄[おおどしより]になっています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田中藤六 たなか-とうろく
?-1777 江戸時代中期の塩業家。
周防(すおう)(山口県)三田尻(みたじり)の鶴浜(つるはま)の人。塩の価格暴落に際し,明和8年操業時期を3月から8月までに短縮し,生産を調整する三八替持法を提案。のち瀬戸内沿岸10ヵ国の製塩家間で生産時期調整の協定が実現し,価格は安定した。安永6年8月12日死去。名は康之。屋号は豊後屋。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

田中藤六」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田中藤六の関連情報

他サービスで検索

「田中藤六」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.