Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

田中絹代【たなかきぬよ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田中絹代
たなかきぬよ
[生]1910.11.29. 山口
[没]1977.3.21. 東京
映画女優,監督。 1924年松竹に入社,『元禄女』に初出演,可憐な娘役でファンに親しまれた。『伊豆踊子』 (1933) ,『お琴と佐助』 (35) ,『愛染かつら』 (39) などが有名。第2次世界大戦後,『西鶴一代女』 (52) ,『煙突の見える場所』 (53) などで演技派スターとしての座を確立,『サンダカン八番娼館・望郷』 (74) ,『三婆』 (74) でキネマ旬報女優賞を受賞した。監督作品に『恋文』 (53) ,『月は上りぬ』 (54) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たなか‐きぬよ【田中絹代】
[1909~1977]映画女優。山口の生まれ。少女時代からスターの地位を確立、晩年まで第一線にあった。監督としても活躍。出演作「愛染かつら」「西鶴一代女」「サンダカン八番娼館・望郷」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田中絹代 たなか-きぬよ
1909-1977 昭和時代の映画女優,監督。
明治42年12月29日(戸籍上は11月29日)生まれ。大正13年松竹に入社,「元禄女」でデビュー。昭和8年「伊豆(いず)の踊子」で人気を博し,13年「愛染かつら」が大ヒットする。戦後も「雨月物語」「楢山節考」などに出演。28年「恋文」で日本初の女性監督となる。49年の「サンダカン八番娼館(しょうかん)・望郷」でベルリン国際映画祭主演女優賞。昭和52年3月21日死去。67歳。山口県出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たなかきぬよ【田中絹代】
1910‐77(明治43‐昭和52)
映画女優。平凡な容貌の強さを感じさせるけなげなイメージがそのまま個性となって,おそらく日本映画ではもっとも長く人気を保持した女優である。山口県下関に生まれ,14歳で松竹蒲田撮影所に入社。出世作《恥しい夢》(1927)からファンの人気を一身に集めたヒット作《絹代物語》(1930)をへて,日本映画における最初の本格的トーキー《マダム女房》(1931),川端康成原作の《伊豆の踊子》の最初の映画化(1933)等々に至る五所平之監督作品を中心に,《感激時代》(1928)から《山の凱歌》(1929)に至る鈴木伝明主演,牛原虚彦監督による青春スポーツ編や,《大学は出たけれど》(1929)から《落第はしたけれど》(1930)に至る小津安二郎監督作品,トーキー最初の《金色夜叉》や《忠臣蔵》(ともに1932)をへて《私の兄さん》(1933)に至る林長二郎とのコンビ作品などを通して,〈明るくあたたかく未来を見つめる〉蒲田映画のシンボルとなり,〈蒲田の誇り〉とまでたたえられ,スター女優第1号の栗島すみ子を抜いて松竹蒲田の看板スターになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

田中絹代
たなかきぬよ
(1909―1977)

女優。映画監督。明治42年12月29日、山口県下関(しものせき)市生まれ。筑前琵琶(ちくぜんびわ)の宮崎錦城(きんじょう)に弟子入り、大阪の小学校を中退して琵琶少女歌劇団の舞台に立つ。1924年(大正13)、14歳で松竹下加茂(しもかも)撮影所に入社。『元禄女(げんろくおんな)』の腰元役でデビュー。1925年、松竹蒲田(かまた)撮影所に移り、1927年、五所平之助(ごしょへいのすけ)の『恥(はずか)しい夢』の芸者役で好評を得る。1928年、牛原虚彦(うしはらきよひこ)(1897―1985)監督・鈴木伝明(でんめい)(1900―1985)主演の『近代武者修行』に出演、好評につき『感激時代』『陸の王者』(1928)などに連続出演し、虚彦、伝明、絹代のゴールデン・トリオの人気を不動のものとする。五所平之助の『村の花嫁』(1928)、小津安二郎(おづやすじろう)の『大学は出たけれど』(1929)などで蒲田映画のスターとなる。本邦初の本格的トーキー『マダムと女房』(1931)では、その声でファンを魅了する。1935年(昭和10)には、島津保次郎(やすじろう)の『春琴抄(しゅんきんしょう)・お琴と佐助』で、新境地を開く。1938年、野村浩将(ひろまさ)(1905―1979)の大ヒット作『愛染かつら』のヒロインを演じ、国民的女優となる。1940年、『浪花女(なにわおんな)』で初めて溝口健二作品に主演、女優として開眼する。第二次世界大戦後は、溝口の『西鶴一代女(さいかくいちだいおんな)』(1952)、『雨月物語(うげつものがたり)』(1953)、『山椒大夫(さんしょうだゆう)』(1954)などで、円熟の極みに達する。小津、成瀬巳喜男(なるせみきお)、五所、木下恵介(けいすけ)など、多数の大物監督の映画に出演。1953年『恋文』で監督デビュー、6本の監督作を残す。昭和52年3月21日、死去。享年67歳。

[坂尻昌平]

『田中絹代他著『女優の運命――私の履歴書』(2006・日本経済新聞社)』『石割平編著・円尾俊郎編『田中絹代――日本の映画女優1』(2008・ワイズ出版)』『伊良子序著『昭和の女優――今も愛され続ける美神たち』(2012・PHP研究所)』『新藤兼人著『小説 田中絹代』(文春文庫)』『古川薫著『花も嵐も 女優・田中絹代の生涯』(文春文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たなか‐きぬよ【田中絹代】
映画女優。山口県下関生まれ。日本初のトーキー「マダムと女房」に出演以来、「伊豆の踊子」「愛染かつら」をはじめとして、第二次大戦後の「西鶴一代女」「雨月物語」など数多くの映画に出演した。明治四二~昭和五二年(一九〇九‐七七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中絹代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田中絹代の関連情報

関連キーワード

新聞小説フレーブニコフ朝鮮統治政策ワチラウットフレーブニコフ田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.