Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

田中千禾夫【たなかちかお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田中千禾夫
たなかちかお
[生]1905.10.10. 長崎
[没]1995.11.29. 東京
劇作家。慶應義塾大学仏文科卒業。岸田国士に師事し,1932年『おふくろ』を雑誌『劇作』 (第1次) に発表,築地座で上演された。第2次世界大戦中は沈黙を守り,47年『雲の涯 (はたて) 』で再出発,実存主義戯曲として評価された。 51年俳優座に入り,『教育』 (1954) ,『肥前風土記』 (56) ,『マリアの首』 (59) ,『千鳥』 (59) など絶対者と対決する魂のドラマを深化させた。『8段』 (60) 以後,奔放な反戯曲的方法の試みを続け,『自由少年』 (64) 『あらいはくせき』 (68) ,『冒険・藤堂作右衛門の』 (70) などを生んだ。俳優教育にも尽力。 54年読売文学賞,81年日本芸術院会員。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たなか‐ちかお〔‐ちクワを〕【田中千禾夫】
[1905~1995]劇作家・演出家。長崎の生まれ。芸術院会員。「おふくろ」で注目され、文学座創立に参加。戦後俳優座に入る。「教育」で読売文学賞、「マリアの首」で岸田演劇賞。他の作品に「雲の涯(はたて)」「千鳥」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田中千禾夫 たなか-ちかお
1905-1995 昭和-平成時代の劇作家,演出家。
明治38年10月10日生まれ。田中澄江の夫。「おふくろ」で注目され,文学座創立に参加。戦後は日本初の実存主義的戯曲とされる「(はたて)」を発表。俳優座にはいり,「教育」(昭和30年読売文学賞),「マリアの首」(34年岸田演劇賞)などで円熟ぶりをみせた。56年芸術院会員。平成7年11月29日死去。90歳。長崎県出身。慶大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たなかちかお【田中千禾夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たなかちかお【田中千禾夫】
1905~1995 劇作家・演出家。長崎県生まれ。慶大卒。心理劇の一幕物「おふくろ」で出発。戦後「雲の涯」で復活、実存主義的戯曲と評された。著「マリアの首」「千鳥」、演劇論「物言う術」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

田中千禾夫
たなかちかお
(1905―1995)
劇作家、演出家。長崎市の医者の家に生まれ、慶応義塾大学仏文科に学ぶ。在学中に岸田国士(くにお)らに師事。1932年(昭和7)慶大出身者を中心とする同人誌『劇作』創刊同人に加わり、翌年処女作『おふくろ』を同誌に発表。34年、劇作家辻村(つじむら)澄江と結婚。37年、文学座創立に参加するが43年に退団。戦時中は劇作の筆を折り、徴用工として過ごす。第二次世界大戦後の45年(昭和20)秋に『ぽーぶる・きくた』を脱稿後、旺盛(おうせい)な劇作活動を再開し、日本初の実存主義的戯曲と評された『雲の涯(はたて)』(1948)、演技教科書の『物言う術(すべ)』(1949)などを発表。51年に俳優座入団後は、日本独自の翻訳劇様式を逆手にとった『教育』(1954・読売文学賞受賞)、『マリアの首』『千鳥』(ともに1959)など、マリア信仰にも似た女性崇拝と現実的憎悪が交錯するなかで、日本の精神風土や戦争責任、自我の問題などを追求する観念的戯曲の力作を発表。60年以後は『8段』(1960)を契機に実社会の文明批判に広がる『自由少年』(1964)、『国語』(1966)、『右往左往』(1979)など、既成の劇様式を解体する新しい劇様式創造への意欲が目だつ。81年に芸術院会員となる。[石澤秀二]
『『田中千禾夫戯曲全集』全7巻(1960~67・白水社) ▽田中千禾夫著『劇的文体論序説』上下(1978・白水社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中千禾夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田中千禾夫の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画河上肇韓国統監府ベンガル分割ロシア革命

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.