Rakuten infoseek

辞書

用言【ようげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

用言
ようげん
国文法で,動詞形容詞形容動詞の総称。形容動詞という品詞を認めない学者もある。これらはすべて活用をもち,かつ単独で文の述語になりうる点で,一つにまとめられる。 (→体言 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よう‐げん【用言】
単語を文法上の性質から分類したものの一。自立語の中で、活用があるもの。一般に動詞形容詞形容動詞の3品詞に細分される。⇔体言

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようげん【用言】
日本語の動詞,形容詞,形容動詞の3品詞,すなわち活用ある自立語の総称。何らかの物事を題にしての叙述にあずかり(述語),またその叙述をもって事物の限定にあずかる(連体)。動詞は主として変化(動作作用)について,形容詞,形容動詞は性質状態について叙述するが,後の2者は動詞の叙述する変化を限定することもある(副詞的用法――連用)。意味上では後の2者は区別がないが,外形上の活用の型では明らかに区別される。動詞との別も同様に明らかである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようげん【用言】
自立語のうち、活用があり、単独で述語となりうるもので、事物の動作・存在・性質・状態を叙述するもの。その下位分類として、動詞・形容詞・形容動詞の三品詞を認める。 ⇔ 体言

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

用言
ようげん
日本文法の用語で、「体言」などとともに、いわゆる品詞より上位の概念を表すために用いられる。たとえば、学校文法などを通じてもっとも一般に流布している橋本進吉の文法論では、「詞(し)(=自立語)」を大きく「用言・体言・副用言・感動詞」に分ける。橋本は、「用言」として「動詞・形容詞」をあげるが、いわゆる「形容動詞」については、文語では動詞・形容詞に対立する用言の一種とみてもよいが、口語では、活用形の用法や助動詞との接続などからみて、特殊の形容詞とみるのがよいと述べている。なお、「用言」は、単独で種々の職能を有し、それが活用によって示されるとするが、特徴的な職能として、単独で述語になることをあげる。また、意味的には、単に属性だけを表すのでなく、ある物がその属性を有するということを表すと述べ、「用言に叙述性がある」といわれるのはその意味であると指摘している。
 一般に「用言」を活用する自立語ととらえることが多いが、山田孝雄(よしお)によれば、「用言」の本質は、陳述(主位概念と賓位(ひんい)概念とを結合・統一する精神作用の言語化)を表す点にあり、活用は、その語類が多様な陳述に応ずる結果にすぎないとされる。また、山田は、いわゆる助動詞を、「用言」が種々の陳述を果たすために「用言」から分出したものととらえ、「用言」の内部に属するものと認めて、「複語尾」と称している。[山口佳紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐げん【用言】
〘名〙
① 自立語のうち、体言に対して、活用があり、何らかの事物について、その動作・存在・性質・状態を叙述する働きを持つもの。一般に下位分類として、動詞・形容詞・形容動詞の三品詞を認める。
※詞八衢(1808)上「四段の活はあなやわの四行にはなし〈略〉第二の音きしちひみりは用言へつづく詞なり」
② 動詞をいう。
※皇国小文典(1874)〈渡辺約郎〉「用言乃ち動詞は物体の働き或ひは其の容子を顕はす所の詞である」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

用言の関連情報

他サービスで検索

「用言」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.