Rakuten infoseek

辞書

用心/要心【ヨウジン】

デジタル大辞泉

よう‐じん〔ヨウ‐|エウ‐〕【用心/要心】
[名](スル)
心をくばること。気をつけること。「風邪をひかないように―する」
万一に備えて注意・警戒を怠らないこと。「火の―」「―の悪い家」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐じん【用心・要エウ心・要エウ慎】
〘名〙
① 心を用いること。心づかいをすること。用意。
※性霊集‐四(835頃)請赦元興寺僧中璟罪表「見苦起悲、観音用心」
※倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「台の前部に藁が散らしてあるのは流れる血を防ぐ要慎と見えた」 〔論語‐陽貨〕
② 特に、仏道を修行する者がする心がけ。心くばり。
※三教指帰(797頃)下「用心荀善。金閣銀閣、倏忽翔聚。授以甘露
③ 万一に備えて注意を払うこと。あらかじめ警戒して怠らないこと。警戒。
※吾妻鏡‐治承五年(1181)三月七日「依御用心、召義澄行平定綱盛綱景時、令于御座左右
人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)初「是は、子育ての故のみならで、女主人の他聞(ひとぎき)を、つくろひ防ぐ要心(エウジン)にて」
[補注]元来「用心」と書くが、中世後期以降「要心」「要慎」等の表記が見える。これは平安末以降「用」の字音「ヨウ」と「要」の字音「エウ」との区別がなくなったことによる混同から生じたあて字と考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用心/要心」の用語解説はコトバンクが提供しています。

用心/要心の関連情報

他サービスで検索

「用心/要心」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.