Rakuten infoseek

辞書

用事【ヨウジ】

デジタル大辞泉

よう‐じ【用事】
しなくてはならない事柄。用件。「用事を言いつける」「大事な用事がある」
大便・小便をすること。用便。
「むくむくと起きて―かなゆるふりにて」〈浮・曲三味線・四〉
江戸深川の遊里で、芸娼妓が月経や病気、また私用などのさしさわりのために休むこと。
「二三日―で居たから、さっぱり酒気がない」〈人・梅児誉美・初〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ようじ【用事】
しなければならない事柄。用件。用。 「ちょっと-がある」 「大切な-」 「 -を言いつける」 「 -をすます」
用便。 「 -を足す」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐じ【用事】
〘名〙
① なすべき仕事。用件
※今昔(1120頃か)二六「用事有るに依て、丹後国、加佐の郡に行にけり」 〔周礼‐春官・司服〕
用便。大便、小便。
※浮世草子・好色旅日記(1687)五「女の見へぬは用事にや行ぬらん」
③ 芸娼妓などの月経や病気、私用などのさしさわりによる休業。江戸、深川の遊里の語。
人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「二三日よふじで居たから、さっぱり酒気がないから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用事」の用語解説はコトバンクが提供しています。

用事の関連情報

他サービスで検索

「用事」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.